理想の高い女性は結婚が難しい!?(写真:アフロ)

写真拡大

 女性たちの結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ。今回は、絶賛婚活中のアラフォー女性の事情に迫る。理想は高くないと言う彼女。しかし、結婚に行き着かないのはなぜなのか。

* * *
◆若いときに決めちゃわないと難しくなる

 IT企業で働く明菜さん42歳。若い頃から結婚願望は強く、出会いの減った30代半ばからは、さまざまな婚活に取り組んできたという。

「子どもは諦めていますが、やっぱり相手は欲しい。これまで一人の生活を十分に楽しんできたから、これからは、誰かと一緒に楽しみたいんです。そもそも私、人付き合いは広く浅くで仲いい友達は多くないし、一人で生きていく自信もなくて……。いい人がいたら紹介してね、と周りに声をかけたり、婚活パーティーや、独身が集まるワイン会などにはできるだけ顔を出すようにしています」

 派手な顔立ちではないが、明るい雰囲気と時折見せる人懐っこい笑顔から、男性と縁遠い女性には見えない。職場も男性の多い環境だという。結婚願望はあるのに、なぜ結婚に至らなかったのかを聞くと、「自分でもわからない」という返事が返ってきた。

「30歳くらいのときに2年くらい付き合っていた彼氏がいて、その人を逃したのが大きいのかな。やっぱり、若いときに決めちゃわないと難しくなるというのは、周りを見ても思います。とはいえ、それ以降も、ちょこちょこと出会いはあったんですが、長続きをしなくて……。縁がないんですよねぇ。

 私、メンクイじゃないし、自分も働くから、年収800万とか1000万とか求めていない。決して理想は高くないんですけどねえ」と、ため息をついた。

 では明菜さんの理想は誰なのか? 

「芸能人でいえば、バナナマン。設楽さんも日村さんもどっちも好きだけど、どちらかといえば設楽さん。いま、すごい人気ですけど、私は内P(内村プロデュース)の頃からファンだったんです。バナナマンの魅力はやっぱりコントにあると思ってて、ライブにも行ってますよ! いま彼氏いないし、一人でですけど(笑)」

◆バナナマンの設楽さんが好みっていうと、男受けがいい

 バナナマンの設楽統といえば、『2017上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』(ニホンモニター株式会社調べ)で1位に輝く超売れっ子芸人だ。司会業からパネラー、俳優業まで幅広くこなす。

「最近気づいたんですが、バナナマンの設楽さんが好みっていうと、男受けがいいんです(笑)。そこから話が広がるっていうか。イケメン俳優とかじゃないからかな。売れてるわりには、売れてます感があまりないですしね。前の彼氏とも、バナナマン好きで意気投合して付き合うようになったんです」

 38歳のときに出会ったというお笑い好きの元彼とは友人の紹介で知り合い、すぐに付き合い始めた。40歳という大台を前に、ついに自分にも縁がやってきた! と歓喜したのも束の間、1年足らずで分かれてしまったという。

「同い年の彼だったのですが、ひとことでいうと、プライドが高くて……。お笑い好きで、一緒にライブとかに行けたのはよかったんですが、少しでも反論すると、機嫌が悪くなる。で、『お前はお笑いがわかってないなー』って、説教が始まるんです。

 まあ、それくらいなら聞き流せばよかったんですが、だんだん、自分はSキャラで、設楽統と似てるって言いだしたんですよね。私からしたら、は? どこが? って。設楽さんはSキャラだけど、根はとても優しいし、基本的にはフラットな人だと感じるんです」

 元彼とバナナマン設楽は、どこがどう似ていなかったのか。

 明菜さんは、自分が好きなバナナマン設楽について、熱くこう語った。設楽には、自分は田舎者(埼玉県出身)だという自意識がいまだにあって、そこが、自身も地方出身の明菜さんの心をくすぐるんだと。対して元彼は、東京生まれの都会育ち。そういう自分を誇っていて、田舎者コンプレックスのある明菜さんの心情を理解しようとしなかった。

 さらに、バナナマン設楽は、売れっ子になっても天狗にはならず、かといって、媚びないんだと。一方の元彼は、出世欲が強く、そのため会社では順調に出世しているようだが、何かにつけて上から目線でものを言うクセがあるのが気になったという。

「設楽さんってキングオブコントの審査員を2015年から務めてるんですが、自分の付けた点数の根拠をわりとはっきり言うんですよ。それも嫌味なく自然に。笑いでごまかす芸人さんや、ネタ披露の順番を理由にする人も少なくないなか、きちんと自分の意見を表明するところが好きなんです」

 さらに、19歳のときから付き合っていた女性と結婚し、父親でもあるという安定感も、高感度大の理由のようだ。

◆理想が高いのと、狭いのは、どちらが難しいのだろう

 明菜さんの話を聞いていると、設楽の高い人気はうなずける。と同時に、設楽ファンである明菜さんは、そうとう理想の高い女性なのでないか――と、思わずにはいられない。「理想は高くない」という自己認識は、間違っているのではないかと問うと、即座に否定された。

「いいえ。結婚相手に設楽さんと同じものを求めているわけではありません。たまたま元彼がお笑い好きだったので、だったら、と思ってしまっただけです。まあ、でも、比べないためにも、お笑い好きじゃない人を選んだほうがいいのかな、とは思ってきました。好みのタイプ、設楽さんって言うのをやめようかな。誰がいいんでしょうねえ」

 年収、学歴、会社名。そうした“スペック”に囚われている“理想の高い”女性は結婚が難しい、とはよく言われる。だが、内面的なこだわりもまた、やっかいなものなのだろう。明菜さんの理想は、高いかどうかはともかく、狭いのではないか。

「ちょっと考えたんです。最近はパーティーなどで、好きな芸能人を聞かれたら、大泉洋って答えるようにしました。実際に好きだし、大泉洋って男性のファンも多いみたいだから、いいかなと思って。婚活、諦めずに頑張りますよ」