見た目はオシャレ!だけど煮る・焼く・蒸すと何でもイケるオールラウンダーです

写真拡大 (全4枚)

無水調理や炊飯のほか、焼き物、オーブンなどさまざまな調理が短時間でできる、穴織カーボンの「アナオリカーボンキッチンウェア」シリーズ。その性能とデザインで世界3大デザイン賞三冠を達成したOVALに続き、新アイテム「COCOTTE RINGO(ココット リンゴ)」が誕生しました。

一膳分のご飯やひとり分のおかず、ケーキや焼きりんごなどが調理できる、1人暮らしにも嬉しいコンパクトサイズです。

穴織カーボンの「アナオリカーボンキッチンウェア」シリーズは、純度99.9%のカーボングラファイト(炭)を削りだした、世界初の調理器具。カーボンならではの高い遠赤外線効果と、高い熱伝導率、そして0.01mm精度の加工技術で削り出した密閉性と肉厚構造により、グリル・煮炊き物・炊飯・無水調理など多彩な調理法で素材のおいしさを引き出します。

さらに美しいデザインにもこだわったOVALは、「レッドドットデザイン賞2017」、「iF Design Award2017」、「German Design Award 2018 (ドイツデザイン賞)」などを受賞し、世界最高権威のデザイン賞を総なめにした実績を持ちます。そんな「アナオリカーボンキッチンウェア」シリーズの新アイテムは、直径13cm、高さ11cmとかわいいサイズのポット「COCOTTE RINGO」。直火にもIHにも対応し、無水調理はもちろん、一膳分のご飯を炊いたり、煮たり焼いたり蒸したりがお手の物。惣菜のほかスイーツも作れます。

たとえば、カーボンポットの保温力でぐつぐつと熱々の状態が長持ちする「海老とマッシュルームのアヒージョ」。オーブンを使わずカーボンの高い熱伝導性で中はふわふわ外側はこんがりと色づいた「チーズ・スフレ」。「ココット リンゴ」の名にふさわしく、甘みが凝縮した「焼きりんご」などのメニューもOKです。

かじったリンゴのような個性的なフォルムがキュートで、調理してそのままテーブルサーブすれば、テーブルウェアとして食卓を彩ってくれます。リンゴの花言葉は「最も美しい人へ」「永久の幸せ」という意味もあり、ギフトとしても喜ばれそうです。カラーは、イタリアンレッド、スパニッシュオレンジ、ブリティッシュグリーン、ジャパンブラックの4種類。12月1日発売予定で、価格は2万7540円です。

>> ANAORI CARBON「COCOTTE RINGO」

 

(文/&GP編集部)