「自分の家族が欲しい」男性器を摘出した人が性別の隙間から見た世界

ざっくり言うと

  • 自らの性別に違和感を覚え、「男性器摘出」という道を選んだ鈴木信平さん
  • 夢を問われたら「親になりたかった。自分の家族が欲しい」と答えるという
  • 家族があり、子どものいる人生を、羨ましく思いながら生きているとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング