「サコも苦しんだ」最前線…興梠慎三、ベルギー戦は「考えてボールを受ける」

写真拡大

 ブラジル代表との国際親善試合から一夜明け、日本代表は14日のベルギー代表戦に向けてフランスで調整を行った。

 代表復帰を果たした興梠慎三は出番なしに終わり、ブラジル戦はベンチから戦況を見守った。「個の能力はすごい。あとは止める・蹴る。些細なことですけど、そういうものが違かった」と感じている。

 後半は日本が相手陣内でボールを持つ時間帯も増えたが、強豪国の堅い守備を崩すことは至難の業。カウンターを食らうというリスクもある。興梠は「高い位置でボールを取らないと、ああいう国が相手だとうまく決定機を作ることはできない。やられないためには引くべきだと思うけど、勝ちに行くなら前からいかないと。そこは時間によっての使い分けが大事になってくる」と持論を展開した。

 ベルギー戦に出場するとなれば、3トップの最前線に入る可能性が高い。世界屈指のDFたちを相手に、ポストプレーが持ち味の「サコ(大迫勇也)も苦しんでいた」。興梠は「考えてボールを受けたり、背後を取ればまた違うかもしれない」と出場を見据えた。