手応え掴んだ杉本健勇、屈強な守備陣擁するベルギー戦へ「負けたらあかん」

写真拡大

 ブラジル戦に後半途中から出場したFW杉本健勇(セレッソ大阪)は、「まだまだだなという部分」を感じた一方で、「やれた部分もある」と手応えを掴んでいる。

 特に自信を持っているのは「高さ」で、惜しくもオフサイドとなったが、実際にセットプレーからヘディングでゴールネットを揺らす場面も作った。

「高さでは自信があるので、それはどんどん出していかないといけないです。いろんなところでそれが必要になるかもしれないですし、そこでは負けないようにしないといけないなと感じています」

 チームとしての戦いについても「下を向く必要はない」と主張する。

「まだまだだなという部分と、やれた部分もあるので、別に下を向く必要はないと思います。相手が手を抜いていたとか色々言っていますけど、しっかりハマった時っていうのはいいサッカーができていました。少なかったけどチャンスもあったので。そういうところ決めきるのは課題ですけど、連動してできれば敵わない相手じゃないなと思います」

 14日に対戦するベルギーは攻撃陣のタレントだけでなく、守備陣にも屈強な選手が揃っている。だが、負けるわけにはいかない。杉本はワールドカップを見据えて3日後のゲームに臨むつもりだ。

「やっぱり前線の選手はうまい選手も多いですし、後ろの選手も激しさはあると思う。でもそれは世界に行けばどこのディフェンス陣もそうだと思いますし、それに負けたらあかんと思います」