10日、中国メディア・国際在線は、韓国で来年開催の平昌五輪の開閉会式メーン会場となるオリンピックプラザで行われたイベントについて、「観客が寒さのあまりトイレで暖を取っていた」と伝えた。写真は平昌。

写真拡大

2017年11月10日、中国メディア・国際在線は、韓国で来年開催の平昌五輪の開閉会式メーン会場となるオリンピックプラザで行われたイベントについて、「観客が寒さのあまりトイレで暖を取っていた」と伝えた。

オリンピックプラザは当初、ドーム型にすることが検討されていたが、経費などの問題から屋根が設置されていない。4日に行われたK−POPアーティストによる「ドリームコンサート」では、「3万人近くが寒さに震えながら観覧し、何人かが低体温症で病院に運ばれた」と伝えられていた。国際在線の記事では、「耐えられなくなった一部の観客はトイレに逃げ込んで暖を取った」とも伝えられている。

五輪が開催される2月はさらに厳しい寒さが予想される。韓国五輪委は開幕式には入場者にカイロなどを配ったり、防風設備を導入したりして「全力で防寒対策をする」としているが、果たして問題なく開催できるか。(翻訳・編集/北田)