杉本健勇【写真:Getty Images】

写真拡大

 ブラジル戦から一夜明けた現地時間11日、日本代表は練習を行った。

 杉本健勇はブラジルについて「やっぱり上手さもありましたし、ミスが少ないってところとカウンターのところをやっぱり出ていく人数だったり、タイミングだったり、上手かったなと」と語った。

 杉本はブラジル戦でゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。「オフサイドでなければ良かったですけど、まあしゃあないです」と苦笑いを浮かべた。また、長身を武器とした高さの勝負に関しては「自信がある。それはどんどん出していかないといけない。色々な状況でそういうところは必要になってくるかもしれないですけど、そういうところでは負けないようにしないといけない」とプライドを覗かせた。

 起用法としては試合途中からの出場が多い杉本だが、やるべきことは理解している。そして「攻撃のところはどんどんゴール前に入っていく、点を取りに行くってところはもちろんどんな試合でも変わらない」と、ストライカーとしての仕事を全うする意思を示した。

 ベルギー戦で出場機会が巡ってきたら、ゴールに絡む仕事を果たしたいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部