中国人の結婚年齢は、昔に比べかなり遅くなり、さまざまな理由から「晩婚」を選ぶ若者は増える一方となっている。愛に年の差はないが、結婚には「最も適した時期」があることは、ほぼ間違いなさそうだ。

写真拡大

中国人の結婚年齢は、昔に比べかなり遅くなり、さまざまな理由から「晩婚」を選ぶ若者は増える一方となっている。愛に年の差はないが、結婚には「最も適した時期」があることは、ほぼ間違いなさそうだ。北京晨報網が伝えた。

米国の社会学者が発表した「米国家庭の発展に関する全国調査」の統計データから、28歳から32歳の間に結婚したカップルは、将来離婚する確率が最も低いことが明らかになった。少なくとも、過去5年間に結婚したカップルについては、このような傾向が高い。結婚年齢と離婚との間には、「U字型関係」が見られる。28歳から32歳の間に結婚したカップルは、このU字型曲線の底部にあり、この年齢段階より早く、あるいは遅く結婚したカップルは、将来離婚するリスクが上昇する。32歳以降に結婚した場合、将来離婚する確率は、1歳ごとに約5%増加する。

「32歳以上」の独身者、つまり「85前(1985年以前生まれ)」は、さらなる「打撃」を被ったかもしれない。だが、結論を急いではならない。研究者は、「これはただの推計値に過ぎず、誰もがこれに当てはまるとは限らない。また、これらのデータの出所は米国に限られている。自分に当てはまるかどうかは、各人の決定に委ねられている」としている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)