「衝撃的だった」…ブラジル戦で“世界”を感じた車屋紳太郎「ここまで差があるとは」

写真拡大

 ブラジル戦をベンチで見たDF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)は「衝撃的でした」と率直な感想を述べた。

 日本代表は10日にブラジル代表と対戦し、1−3と完敗を喫した。車屋はこの試合で出場機会を得ることはできなかったが、世界トップレベルのプレーを間近で感じたことは収穫となっただろう。

「世界のスピード感というか、技術の高さ、それは感じましたね、日本人も技術があると言われていますけど、そういうレベルではなかったです。比にならないくらいうまかったです」

 特に、同じ左サイドバックを主戦場とするDFマルセロ(レアル・マドリード)からは衝撃を受けた。

「絶対にバックパスをしないですし、常に前を見てプレーしていた。そういうところはやっぱり見習わないといけないなと思いました。この遠征で世界のレベルを見たいなと思っていましたが、ここまで差があるっていうのはすごく衝撃的でした」

 ただ、やはり実際にプレーしなければ感じられない部分もある。車屋自身もそれを理解しており、3日後に控えるベルギー戦に向けて闘志を燃やしている。

「外から見ているだけでは本当のことはわからないですし、実際に分かる人はピッチにいる選手だけなので、そういう舞台に立って試合をして、感じたいと思います」