ブラジル戦から一夜明け、練習で汗を流すDF車屋紳太郎

写真拡大

 ピッチの外から見るブラジルは想像以上だった。日本代表DF車屋紳太郎(川崎F)は10日のブラジル戦(1-3)で出場機会こそなかったが、「世界のスピード感というか、技術の高さはすごいと感じた。日本人も技術があると言われているけど、そういうレベルじゃない。比にならないぐらいだった」と、ただただ圧倒された。

 同じ左サイドバックのDFマルセロのプレーには「絶対にバックパスをしないし、常に前を見てプレーしていた。そこは見習わないといけない」と、大いに刺激を受けた。「この遠征で世界のレベルを見たいなと思っていたけど、ここまで差があるというのは衝撃的だった」と率直に言った。

 前半はチームとして前からプレッシャーをかけられず、連動した守備ができなかった。「選手も(前から)行かないといけないのは分かっていたと思うけど、実際にやってみると、想像以上というか、行けなくなるんだなと感じた」。そうピッチ上の感覚を想像する車屋は14日のベルギー戦(ブルージュ)に向け、「ベルギーもブラジル同様、世界トップのチーム。守備のところはもっともっと我慢強くやらないといけない」と表情を引き締めた。

(取材・文 西山紘平)


●2018W杯ロシア大会特集ページ