酒井宏樹【写真:Getty Images】

写真拡大

 ブラジル戦から一夜明けた11日、日本代表は練習を行った。

 酒井宏樹は1-3で敗れたブラジル戦の結果を悔やみながらも、「僕らはプロなので切り替えないといけない。またベルギー戦に向けて100で行けるように。ベルギー戦に向けて間は短いですし、みんな各選手リーグで戦っている人たちもそうですけど、試合に負けたとしてもすぐ3日後4日後には違うリーグ戦があるので、引きずっていたら1年間引きずってしまうことになる。もちろんそれを忘れるってわけではなくて、次に繋げるって意味でやっていきたい」と述べた。

 そのベルギー戦では「結果を求めていきたいですし、内容も求めていきたいっていうのは間違いない」とした。また、自分たちの戦い方については「僕らはあんまり型もないですし、しっかり相手に合わせていくっていうのが逆に言えば僕らのサッカー。しっかりミーティングした上で情報を得て、試合に入ったらパターンなんて全くないんで、パニックにならないようにそういうのを想定して、できるだけいろんな情報を集めるのが大事なんじゃないかなと思う」と語った。

「昨日までずっとブラジルを見ていたので」と言うように、ベルギーの情報はこれから頭に入れることになる。今度の相手も強豪だが、酒井宏はどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部