犬の死因で多いのは?

日本アニマル倶楽部「犬・猫 死亡原因病気TOP10」によると犬の病気による死亡原因は

1位 ガン 54%2位 心臓病 17%3位 腎不全 7%

となっています。予想が当たった人、意外だった人もいたでしょうか?人間の病気での死因もガンが1位ですので、ガンで亡くなることは生き物としての運命なのでしょう。

愛犬が病気で亡くなることは悲しいですが、このランキングを見て、「治療法」や「予防法」を一度キチンと考えることが大切です。

犬の死因1位:ガン(悪性腫瘍)

犬も高齢になるに従って、悪性腫瘍(ガン)を発生する可能性が高まります。現代では犬の平均寿命が延びており、その結果、ガンになる犬も増えて、死因の1位がガンになっています。犬のガンは、

乳腺や前立腺系(不妊去勢手術をしていない場合)皮膚造血器系リンパ系消化器系

などによく発生します。

肥満細胞腫

これらの他に、特に注意が必要なガンとしては、「肥満細胞腫」です。生後6カ月頃〜から発生するガンですが、このガンも高齢になるにしたがってできやすくなります。

特に下半身にできるものはかなり悪性であり、転移しやすいと言われています。腫瘍の部分を繰り返し触ると悪化してしまうという特徴もあるので怖いです。

私の周りにも、このガンのために足を切断したという16歳のワンちゃんもいました。

治療法

外科手術や抗がん剤の投与、放射線治療などさまざまな治療法があります。愛犬の状態や獣医師の方針で総合的に決定するでしょう。

治療法によってはかなり高額になることもあるので、ペット保険を利用したり、愛犬の為の貯金をしておくなど、後悔のない治療を受けさせてあげられるようにしたいです。

また、年齢や進行具合によっては根治できないガンもあります。

予防法

飼い主さんが日頃から愛犬の体や仕草を観察して、異常にすぐ気づけるようにしましょう。早期発見、早期治療が1番大切です。

犬は私たち人間の4、5倍の速さで歳を取ります。つまり、ガンの進行が想像以上に速い可能性があるので、発見が遅くなって後悔した…ということがないようにしましょう。

ガンの症状としては、

食欲の低下しこりがある急激に痩せる貧血を起こしやすくなるなど

があります。これらの症状が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

犬の死因2位:心臓病

心臓病の種類として

先天性の心奇形やフィラリア症心筋症僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

などが挙げられます。特に多いのが僧帽弁閉鎖不全症と言われる病気で、高齢の小型犬によく見られます。

治療法

薬によって、心臓を強くしたり休ませたりする治療法や、外科手術で対処するケースもあります。手術の場合は100万円以上の高額負担にもなりますが、90%程の高確率で良くなる子が多いそうです。

予防法

小型犬や高齢のワンちゃんを飼っている人は、定期検診を受診するようにして早期発見できるようにしましょう。

また、心臓に負担がかかるような激しい運動はさせないことや、フィラリアの予防薬は忘れずにキチンと飲ませるなど普段の生活から気をつけていきましょう。

犬の死因3位:腎不全

死因の3位は腎不全です。腎不全は腎臓が壊れて機能しなくなることで、ジワジワと進行する病気なので飼い主さんも気づきにくいです。

治療法

悪くなった腎臓は回復しません。ですので、治療法としては投薬で症状を和らげることが中心です。腎不全になると「尿毒症」という症状になり、胃に潰瘍ができたりします。

予防法

塩分やタンパク質の多すぎる食事は避けましょう。また、犬の1日の平均飲水量は体重1Kgあたり20〜90ml程度といわれているので、それよりも大幅に飲量が多い場合は一度動物病院に相談しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。できれば愛犬には病気にならずに天寿を全うして欲しいですよね。

しかし、生き物なので病気にもなります。

実際に病気になったとき、早期発見・早期治療できるかが鍵となってきますので、日頃から愛犬の様子をよく観察できるようになりましょう!