『マイティ・ソー バトルロイヤル』はマーベル映画にとって危険な存在に? 路線変更の背景を考察

写真拡大

 『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、これまでの『マイティ・ソー』前2作とは大きく異なり、ギャグと肉弾バトルが大幅に増量し、それらが隙間なく速いテンポで繰り返される凄まじい作品になっていた。しかもそれは、同じようにテンポの速い、J・J・エイブラムス監督の演出のように、ドラマが途切れないような造りになっているわけではなく、単純に目まぐるしいのである。

参考:“ユニバース”過剰時代における、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の役割

 少しでもチャンスがあれば笑わせようとしてくるし、シリアスに描写するようなシーンまでギャグとして消費してしまう。というのも、本作の監督は、コメディー作品で演出のキャリアを積んだタイカ・ワイティティなのである。スタジオの側が、はじめからコメディー作品を期待していたのだ。

 確かにいちいち笑ってしまうが、なぜ本作は路線を変更し、このようなコメディー・アクション映画に生まれ変わったのだろうか。ここでは本作の内容や、その背景を基に理由を考えながら、今後のマーベル・ヒーロー映画の未来について、じっくりと考えていきたい。

 本作とは真逆に、政治サスペンスとしての見どころを持ったマーベル映画が、『キャプテン・アメリカ』の2、3作目である『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)だった。キャプテン・アメリカのシリーズとはいいながら、「アベンジャーズ」の面々が登場してぶつかり合う3作目は、2018年に公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に先駆けた、実質的には『アベンジャーズ』の新作といえる内容だった。

 しかし、その『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』には、アベンジャーズのなかでも重要な存在だった、雷神ヒーローの「マイティ・ソー」、そして緑色の巨大な超人「ハルク」は登場していなかった。「あれ? ソーやハルクって、なんで出てこないんだっけ?」と思った観客も多かったはずだ。

 こんなことを書いている私自身も、そのときは記憶の彼方にあったのだが、『アベンジャーズ』シリーズの2作目『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)において、ソーはインフィニティ・ストーンといわれるアイテムの謎と、それを取り巻く陰謀を独自に暴くため、チームに別れを告げており、ハルクは自分の暴走によって地球の人々を危険にさらしたことに絶望し、独りきりであてもなく宇宙に旅立っていたのだった…。それまでの間、この二人の人気ヒーローは、本格的にはマーベル映画で活躍していなかったし、アベンジャーズを二分する重大な事件から蚊帳の外に置かれていたのである。

 だが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にソーとハルクが登場しないという設定は、監督を務めたルッソ兄弟にとっては好都合だったのかもしれない。マーベル映画にリアルな政治性をもたらした彼らのドラマのなかでは、アベンジャーズのなかでも荒唐無稽なまでに圧倒的なパワーを持ったソーとハルクは、手に余るヒーローだったように思える。

 そうやってアベンジャーズがシリアス化していったのであれば、この離脱組を再び合流させるまでにどう扱うのか。その答えが、「リミッターを解放して楽しくやらせよう」という、いったん政治的な方向に舵を切ったマーベル映画の作風を補完する存在にさせる発想である。本作『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、よりシリアスな内容の原作『マイティ・ソー ラグナロク』や『プラネット・ハルク』を基にしながらも、ギャグを楽しむ作品に改変したのだ。

 神であり王子という立場から、ローマ時代のグラディエーター(剣闘士)のような、人権すら剥奪された奴隷の地位にまで転落する、本作のソー。自分の国であるアスガルドは占領され、身内の死を経験し、おまけに恋人も去ってしまった(本作にナタリー・ポートマンは出演していない)。その悲壮感は、ギャグがいちいち差し挟まれることによって限りなく緩和され、あたかもそれらの不幸は、トーストを床に落としたらジャムを塗った面が床についてしまったくらいの気軽な不幸にすら感じてしまう。しかも、主演のクリス・ヘムズワースは体重を増加させトレーニングに励んだことで、これまでにないムキムキな身体を披露している。

 そういうバランスになった背景には、前作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の雰囲気が少しシリアス過ぎたという反動もあったはずである。本作の冒頭では、前作の感動的な描写を、劇中劇によって茶化しているシーンすらある。それは、「今回はシリアスなシーンは全部ぶっ壊していくよ」という宣言に思える。

 さらにもうひとつの理由としては、コメディーの要素が強い『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ売り上げの好調という結果もあったはずだ。本作とは、キャラクター同士がイチャイチャと掛け合いをするという魅力を最重視しているということでも共通している。そのような軽さと、コメディー作品に改変するという目論見は、本作が全米の週間興行収入ランキングで圧倒的な差の1位を獲得したことで、確かに図に当たったといえるだろう。

 だからこそ、その一方で本作は、じつはマーベル映画にとって危険な存在になっているのではないかという気もする。『マイティ・ソー』第一作は、ベテランのケネス・ブラナーが監督を務めた。ブラナーはシェイクスピア俳優でもあるため、シェイクスピア劇のような重厚感を、北欧神話の神の物語でもある『マイティ・ソー』に加えようというねらいだろう。この作品が面白いのは、そんな北欧神話の神が、アメリカのド田舎で高貴に振る舞ったり、庶民的なダイナーで食事したりする、そのギャップを楽しむという部分があったというところだ。

 そこにあるのは、「向こうの世界」を描きながらも、「我々の世界」とのつながりを絶えず意識し、リアリティや生活感覚を失わないようにするという意志である。これがあるために、『マイティ・ソー』第一作は当時広く受け入れられ、シリーズ化までされたといえる。はじめからいきなり『マイティ・ソー バトルロイヤル』のような内容を映画化していたとすれば、その荒唐無稽な内容は観客を限定した、あくまでアメコミファンを喜ばせるコアな作品になっていただろう。

 だから、「我々の世界」から切り離された内容である本作のヒットというのは、アメコミの世界観が、マーベル映画によって広く浸透した結果であることは確かだ。その意味ではマーベル映画の製作を統括する、自身もアメコミオタクであるプロデューサー、ケヴィン・ファイギの観客への啓蒙というのは、「MCU」という仕掛けによって順調に達成されているように見える。これによって、本作や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のようなタイプのヒーロー映画は、主流になっていく可能性すらある。

 しかし、近年のアメコミ映画は、多くの観客が考えていたような、「アメコミは荒唐無稽なものだ」という後ろ向きなイメージを、我々の現実的な感覚に落とし込み、その存在価値を見いだしていたはずだ。「アメコミの世界に回帰した」という声も聞く本作だが、そもそもアメリカン・コミック、とりわけマーベル作品というのは、本作にも当然のようにゲスト出演している、作家スタン・リーを中心とした尽力によって、文学や実写映画などの内容を組み込みながら普遍性を獲得していった歴史がある。設定が荒唐無稽であるからこそ、それを現実から遊離させないために、リアリティという重りをつけるのだ。

 ヴィラン(悪役)である「死の女神ヘラ」は、圧倒的なパワーによってアスガルドの軍をほんの数分で壊滅させてしまうが、その描写はやはり大味に感じてしまうし、第一作の冒頭で描かれた、膨大な人口が存在していたはずの広大なアスガルドは、本作では過疎化した村くらいに規模が縮小してしまったように見える。全体としては豪快な力技によってダイナミックに描いていく本作の作風は、その代償として犠牲になっている部分も少なくないのである。

 本作や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のような作品であっても、リアリティをつなぎとめる方法はある。それは、ジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』のように、荒唐無稽な設定や演出に膨大な時間と熱量と情熱を注ぎ、映画に登場しない部分も含めて、現実としか思えない「世界そのもの」を構築してしまうという手法である。そしてそこには、宮崎駿監督が「才能がある人間は、ファンタジーを作るべき」だという意味のことを言ったように、卓越した「クリエイティヴィティ(創造力)」を必要とすることも確かである。

 とはいえ、本作は全てギャグや絵空事だけで作られているというわけではない。驚かされるのは、輝かしい正義の国だと言い伝えられてきたアスガルドの歴史が「全部嘘だった」ことが明かされる場面である。それは、アメリカの建国、独立の過程でも、血塗られた犠牲が存在していたという欺瞞を暴く皮肉になっている。この場面は、ギャグとして描かれてはいなかったように、私には思える。(小野寺系)