名古屋グランパス【写真:Getty Images】

写真拡大

 11日にJ2リーグ第41節の試合が行われ、名古屋グランパスはホームにジェフユナイテッド千葉を迎えて対戦し0-3の大敗を喫した。そして、V・ファーレン長崎がカマタマーレ讃岐に3-1の勝利をおさめたため、名古屋が自動昇格する可能性が消滅しJ1昇格プレーオフにまわることになった。

 試合開始して54分、船山貴之が折り返したボールにラリベイが合わせて千葉が先制。続く63分には為田大貴に追加点を決められた。さらに65分、再びラリベイにゴールを許し3失点目。結局、名古屋は1点も奪い返すことが出来ず0-3の敗戦を喫している。

 J1への自動昇格圏内は2位まで。残り1試合(カマタマーレ讃岐戦)を残しているが、2位の長崎とは勝ち点差5ひらいているため、勝利しても上回ることが出来ない。そのため、J1自動昇格は湘南ベルマーレと長崎の2チームに決まっている。

text by 編集部