独立騒動中のローラ 2018年はハリウッド進出のチャンスか?

写真拡大

 独立騒動が一向に収まらないタレントのローラ(27)。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、ハリウッド映画出演を果たすなど、海外進出を目指していると言われる彼女の今後を、ハッピーマイスター・クリスティーン デリコと歌う占い師・青沼李果が鑑定した。

■ローラは努力の人。その努力が報われるのはいつ?

画像 独立騒動に巻き込まれても衰えないローラの人気に脱帽するMC陣

 青沼によると、今年のローラの運勢は大凶。クリスティーン デリコも「今年のローラさんは思い通りにいかない星回り」と鑑定した。「今で大凶なんですか!?」と名越涼子アナウンサーが驚くのも無理はない。なぜなら、この逆境の中、ローラは上半期のCM契約社数ランキングで2位に位置しており、テレビで彼女を見ない日はないからだ。「運気が良くなくても、これまでがんばってきたことが現状に表れるものなんです」と、クリスティーン デリコは解説した。

 「たしかにローラちゃんは英語がうまくなりたいと、周りのスタッフを全員外国人に変えたんですよ」とMC・熊田曜子(35)はローラのがんばり屋なエピソードを披露。テレビで見るローラのイメージとは異なる一面を感じるが、海外への進出、そして成功をめざして少しずつ自分の足元を固めてきたことがうかがえる。

 そんなローラの努力が報われるのは、来年になりそうだ。デリコ推命術では来年12年に1度の大幸運期に入り、青沼の九星気学でも大吉の運勢だという。

 クリスティーン デリコは、海外進出を目指すローラに「仕事運が上がるのは4月、コミュニケーション運が上がるのが6月。どちらかに海外へ行くのをおすすめしたい」と具体的な渡航月を進言した。

 青沼も「海外に行っていきなり結果を出そうとしないほうがいい。半年間は足固めだと思って、あせらず着実にやれば結果がついてくる」とエールを送った。
(坂井玲子)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock