見えないものが見えたり、ピンとひらめいたことが当たったりする人ってたまにいますよね。もしもあなたに、そんな特殊な能力があったとすればどうしますか? 第六感や霊感、インスピレーションを活かして何か特別なことができるかも!?


出典:NOSH

そこで今回は、“霊感が強い人に表れる手相のサイン”をご紹介いたします。

 

■1:「虫の知らせ線」…運命線の2、3ミリ横に並行する短い線がある

運命線の2〜3ミリ横に並行して刻まれた短い線は“姉妹線”あるいは“虫の知らせ線”と呼ばれ、運命線の意味合いを補強するもの。たとえトラブルにあったとしても無事に回避できたり、ピンチの際にもタイミングよく助け舟が現れたりして、脱出できるとされます。カンが冴えている人に多く、九死に一生を得る場合も。特に、運命線がまっすぐでしっかり刻まれている場合は、さらに強運に恵まれるでしょう。

 

■2:「神秘十字線」…運命線が感情線の支線と十字をつくる

感情線と知能線の間で、感情線から出る支線と運命線が交差してできる十字形を“神秘十字線”と呼びます。この手相を持つ人は現実的なものより、精神的・スピリチュアルなものに惹かれる傾向が。また、十字形が左手に出ていれば先祖の影響を受けて信心深く、両手に出ている場合は宗教や神秘的なもの、ミステリアスなものに強い関心を示し、霊的な能力も開花していくでしょう。

 

■3:「太陽十字線」…太陽線と感情線・知能線の間の短い横線が十字をつくる

薬指の下から縦に刻まれる“太陽線”と感情線・頭脳線の間の短い横線で作られる十字形を“太陽十字線”と呼びます。これは別名“芸術十字”とも呼ばれ、直感力やインスピレーションをクリエイティブなことに活かせる線です。古くは芸術家の『ピカソ』にも出ていたとされ、この手相の持ち主は、カンのよさを武器に社会的な成功を収める場合も。さらに感覚に磨きをかけていけば、第六感を拓くことも不可能ではありません。

 

■4:「直感線」…月丘から小指のつけ根に向けて弓形に現れる線

小指を曲げた時に触れる部分“月丘”から、小指のつけ根に向けて弓形に現れる線を“直感線”と言います。この線は、その名の通り直感に優れ、霊感や第六感が鋭いことを示す手相。この手相の持ち主は、直感で物事を理解することが多く、その類稀なる才能から占い師に適性があるようです。また、この線とともに月丘に知能線が垂れ下がっていれば、さらに意味合いは強まるでしょう。

 

霊感が強いと、危機察知能力に優れているといわれます。しかし、霊感が強すぎると、見たくないものを目にしたとしても誰にも相談できないといった悩みもあるようです。いずれにせよ、生まれ持った才能をしっかりと受け止めて、活かしていきたいものですね。(脇田尚揮/ライター)