拭き取り化粧水を使ったことはありますか。化粧水や美容液ほどの重要さが感じられず「拭き取り化粧水を使うのはなぜ?」とその存在理由に首をかしげる方も少なくないようです。でも実は便利で聞けば使ってみたくなる、拭き取り化粧水のメリットについてご紹介しましょう。

拭き取り化粧水の役割

拭き取り化粧水は「化粧水」という名がつくものの、一般の化粧水とは役割が異なります。一般の化粧水は肌に潤いを与えて保湿することを目的としますが、拭き取り化粧水は肌の汚れや古い角質を取るためのものです。拭き取り化粧水を使うにあたって勘違いしやすいのが、拭き取り化粧水はメイク落としではないということです。メイクはあらかじめクレンジングで落としておき、その後に肌に残ったわずかな汚れを取るのが拭き取り化粧水。拭き取り化粧水は肌に負担をかけることなく、余分な皮脂や古い角質を取り除くことができます。使い続けることで肌のターンオーバー(美容ネタでよく耳にする肌の「ターンオーバー」を復習)が順調に行われるようになり、肌の状態を整えていきます。

拭き取り化粧水を使うメリット

拭き取り化粧水を使いたいメリットを2つあげてみましょう。

●肌の状態を良くする

若いうちは気にならない肌のザラザラ感やくすみは、年とともにターンオーバーがゆっくりとなっていくことが原因です。毛穴に汚れがたまりやすくなり、古い角質がとどまることで問題が起こりやすくなります。拭き取り化粧水を使いこうした汚れを除去することで、肌の調子を良くして肌トラブルを少なくします。逆に言えば、ざらつきを感じたら拭き取り化粧水を使ってみると良いということです。

●化粧水や美容液を肌に浸透しやすくする

拭き取り化粧水で肌の汚れを取ることで、その後に使う化粧水や美容液が肌の奥まで浸透しやすくなります。化粧水や美容液の効果がより実感できるようになるでしょう。今使っている化粧水で十分に潤いが感じられない、何度塗っても乾燥すると感じるなら、古い角質などが化粧水の浸透の妨げになっている可能性もあるので、拭き取り化粧水を併用してみてはいかがでしょう。

拭き取り化粧水の使い方と注意点

拭き取り化粧水は肌の汚れを取ってくれますが、ピーリングジェルなどとは違いその効果は穏やかなので、肌への負担が少ないのがポイントです。しかし使い方を間違えると肌を傷めてしまうこともあるので、正しい使い方をマスターしておきましょう。もしメイクをしているならば、クレンジングでメイクを落としてから拭き取り化粧水を使います。拭き取り化粧水を使用した後は、通常通り化粧水・乳液や美容液で保水・保湿をします。拭き取り化粧水の使い方ですが、必ずコットンを使って拭き取るようにします。コットンで肌を傷つけないように、コットンには拭き取り化粧水がひたひたになるまで十分に含ませましょう。顔を拭く時は絶対に力を入れないようにし、優しく撫でるようにして使います。

拭き取り化粧水は神経質になって毎日使う必要はありません。メイクをしなかった日など汚れが気にならない日は、使用しなくても大丈夫です。また強い日焼けをした後や肌トラブルがあるときなどは、肌への刺激となるので拭き取り化粧水の使用を避けるようにしましょう。肘や膝などの黒ずみが気になる場所に使うのもおすすめです。どの場所に使ってもそのあとは必ず十分な保湿をしましょうね。


writer:Akina