『怪物王女』20巻(光永康則/講談社)

写真拡大

 11月25日(土)に発売予定の『月刊少年シリウス』2018年1月号で、『怪物王女』の新シリーズがスタートすると発表された。この情報を知ったファンは「おいおい、怪物王女新シリーズ連載とかマジでうれしいぞ」「怪物王女新シリーズ! 最高じゃないか!」と早くも期待の声をあげている。

 光永康則による同作品は、交通事故によってその命を失った少年・ヒロが謎の少女「姫」の血を飲むことによって生還し、不思議な血の力によって蘇ったヒロが血の戦士として戦うという物語。『月刊少年シリウス』で2005年から2013年にかけて連載し、2007年には迫井政行監督のもと、姫役に川澄綾子、ヒロ役に大浦冬華を迎えてアニメ化された。ドラマCDやOAD、フィギュアやブロマイドなど、様々なグッズが発売される人気作品となっている。

 光永は自身のTwitterで「そんなわけでまた怪物王女描きます。皆さまよろしくね」というコメントと共に新シリーズの一部を公開。これに対しファンは「怪物王女大好きでしたので新作楽しみにしています!」「めちゃくちゃ楽しみに待ってます!」「また姫とか令裡さんとかに会えると思うだけで楽しみです!」「まさかの怪物王女の新連載、最高です!」と大興奮でリプライを送っている。

 「月刊少年シリウス」12月号では、「王女、再臨!! ヒロが、リザが、令裡が、フランドルが、…そして、姫が帰ってくる!」と大々的な予告が。果たしてどんな再スタートとなるのだろうか、期待して待っていよう!