ボクシング・WBA世界フライ級王者の井岡一翔(28)が保持していた王座を返上したことが9日、明らかになった。

 同日、大阪市内で会見した井岡の父で所属ジムの一法会長(50)が発表した。

 井岡は今年5月17日に歌手の谷村奈南(30)と結婚。それに伴い、大阪から東京に移住したというが、一法会長は「結婚してからコンスタントに練習できていない。本人のモチベーションがなく、身を引くなら引退式もやる。二つに一つ」と引退の可能性にも言及した。

 「ボクシングひと筋で来た井岡だったが、15年3月からGカップ歌手として活動していた谷村と交際。やりたい盛りだっただけに、交際前から強烈なGカップを駆使した“寝技”であっという間にノックアウトされ骨抜きになってしまった。頭の中は“夜の性活”しか考えてないのでボクシングどころではないだろう」(ボクシング担当記者)

 王座返上により、11年から続いていた大みそかの世界戦も昨年までの6年連続でストップ。タイトルマッチ絡みの金が入らないくなった所属ジムが大打撃を受けたことは明らかだ。

 にもかかわらず、谷村はSNSで批判が殺到すると“逆ギレ”する始末。その後、謝罪したが、それなりに“責任”をとる必要がありそうだ。

 「結婚前にセクシーショットは披露していますが、夫の収入が減った分、しっかり稼ぐしかない。となると、Gカップをさらけ出すしかないだろう。人妻のお色気全開で、その辺のグラドルの写真集なんかよりもよほど“オカズ”としての需要が高いはず」(出版関係者)

 今こそ谷村の“内助の功”に期待だ。