画像提供:マイナビニュース

写真拡大

FCAジャパンは8日、フィアット「パンダ」の四輪駆動モデル「パンダ 4×4」を全国のフィアット正規ディーラーで11月18日から販売開始すると発表した。

「パンダ 4×4」は、コンパクトなボディにELD(電子式ディファレンシャルロック)を採用した四輪駆動システムを搭載し、都市部だけでなくアウトドアでも活躍できる機能性を実現した。最高出力85PSを発揮する875ccの2気筒ターボエンジンと、6速マニュアルトランスミッションの組み合わせで軽快な走りが可能。JC08モード燃費は15.5km/リットル。

走破性をより高めるため、車高は標準グレードの「イージー」より65mm高くなった。スキッドプレート付きの専用バンパーや専用15インチアルミホイールを装着し、ボディカラーに「タスカン・グリーン」を採用するなど、冒険心を演出するエクステリアとなっている。

インテリアはチタングレーの専用インストルメントパネルのほか、ダークグレーとグリーンを組み合わせたバイカラーのシートで独自の世界観を演出した。価格は251万6,400円(税込)。100台の限定販売となっている。