Amazon Echoの機能を理想的に拡張するスマート家電コントローラー

写真拡大 (全5枚)

Amazonが提供するスマートスピーカー「Amazon Echo」とクラウドベースのAI音声サービス・Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)に対応したスマート家電コントローラー「RS-WFIREX3」(7560円)が登場! 話しかけるだけで、外出先からも家電が操作できるぞ!

ラトックシステムから発売される「RS-WFIREX3」は、赤外線リモコン対応の各種家電製品を操作できる製品。主なメーカーの200種以上のリモコンデータをプリセットしており、機種を選択するだけですぐに使い始められる。もちろんプリセットされていなくても、学習させることが可能だ。

スマホアプリからWi-Fi経由で操作でき、外出先からでも自宅の家電操作ができるし、アプリで自宅の温度や照度を確認し、帰宅前にエアコンや照明をつけておく、なんてことも。また、音声サービス・Amazon Alexaに対応したことにより、リモコンやスマホをわざわざ手にとらなくても、スマートスピーカー「Amazon Echo」に話しかけるだけで操作できるようになった。たとえば「全部つけて」「全部消して」ですべての家電の電源のオン/オフも一声で済ませられる。

▲手の平におさまる小型サイズ

音声サービスに関しては、ありがたいことにすでに販売中の「スマート家電コントローラ REX-WFIREX2」も、アプリのアップデートでAlexa対応になるので、既に購入したものでも組み合わせて使える。

音声サービスに対応したことで、料理中など両手が塞がっていても、テレビのチャンネルやボリュームの変更ができるし、寒い朝でもベッドからエアコンをつけられる。これは理想的な拡張機能だ。最長部がわずか約63.5mmと小型で、置き場所にも困らないのも嬉しい。12月1日発売予定で、現在予約受付中。Amazon Echoの出荷開始にあわせて順次、提供を開始する予定だ。

>> ラトックシステム「RS-WFIREX3」

 

(文/&GP編集部)