息は何度から白くなる?

写真拡大

冬場に吐いた息が白くなることがあります。白い息を見ると、寒い季節になったのだなと視覚的に知覚できます。この息が白くなるのは果たして何度からなのでしょうか。

条件がある

そもそもなぜ息は白くなるのでしょうか。この白い息が何を意味しているのか。簡単に言えば、湯気だと言うことができるでしょう。口から吐き出された水分が外気で急激に冷やされることによって、目に見える形で白くなるのです。この白い息ができる条件は、湿度が関係しています。湿度が低い状態だと空気中にすぐに取り込まれてしまうため、息は白くなりにくいです。反対に雨の日は、まわりの湿度が高いため、空気中に水分が吸収されないため白い息ができやすくなります。

条件が見える

つまりは、息が白くなりやすい条件は外の気温が低いことはもちろん、湿度が高いという条件もあります。湿度の高さを息の白さではかることも可能だといえるでしょう。湿度と温度の関係でいえば、湿度100%ならば気温は17度くらいから白くなるといわれています。案外高い温度でも白い息は登場するのですね。さらに、湿度が低くなるにしたがって白くなる温度は下がってゆきます。湿度70%くらいの時は13度くらいが目安といわれています。湿度と温度を意識しながら白い息を確かめてみるのも面白いかもしれません。