なぜブラジル代表に圧倒されたのか? 選手コメントから浮かび上がる日本代表の問題点

写真拡大

守備の“ブレ”が生んだ隙 「前から行くのか、ブロックを作るのかで統一しきれなかった」

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、10日にフランスのリールで行われた国際親善試合ブラジル戦に1-3と敗れた。

 試合後、選手たちは一様にサッカー大国との差を口にしたが、ブラジルの強さを肌で感じた選手のコメントから日本代表が抱える問題点を探ってみたい。

 試合は前半7分、左CKの際にDF吉田麻也がMFフェルナンジーニョを倒したとビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)の映像検証で判定され、このPKをFWネイマールに決められて先制点を献上。同17分にはCKの流れから、DFマルセロに右足で弾丸ミドルを叩き込まれ、さらに同36分にカウンターから右サイドを崩されると、最後はFWガブリエル・ジェズスに3点目を奪われ、前半だけで3失点を喫した。後半18分にMF井手口陽介の左CKからDF槙野智章が頭で合わせて一矢報いたものの、最終的に1-3で敗れている。

 自らのクリアミスからマルセロに弾丸シュートを叩き込まれた井手口は、「世界に行けば、ああいうのは仕留められると思う。そこは自分の甘さが出た」と振り返っているが、他の選手も守備の課題を口にしている。

 試合の序盤は前線からのハイプレッシャーでボール奪取を狙っていた日本だが、MF長谷部誠が「前から行くのか、それともブロックを作るのかで統一しきれなかった」と語れば、DF長友佑都も「1点取られてから、みんなが中途半端に上がって、中途半端にボールを持って取られたりしてカウンターを何度も食らった。そこは精神的にブレた面があった」と指摘した。

 また、ブラジル戦に向けて守備戦術の確認を入念に行ったと明かす槙野だが、「ブロックを作る練習をやってきた。ライン設定は吉田選手中心にかなり高めにしていたつもり。ただ、もう少しボールに対してアクションを起こす選手を後ろから押し出すことも大事になる」と、相手のボールホルダーに対してプレッシャーが甘くなる場面があったという。

課題を露呈した攻撃はアイデア増加が必須

 3失点の守備も課題は山積みだが、それ以上に多くの問題点を露呈したのが攻撃だった。選手らが発した言葉に通底するのが攻撃のアイデア不足だ。日本がボールを保持し、いざ攻撃のアクションを起こす場面が訪れても、打開の糸口をなかなか見出せずに終わっている。

 右ウイングで先発したFW久保裕也は「もっと崩す場面を増やさないといけない」と、仕掛ける回数の増加を切望し、「攻撃の部分をもう少しチームでやれば……」と連係向上を求めた。また、長谷部は攻撃のバリエーションについて「攻め込んだ時の崩し方のアイデアをもう少し持たないといけない」と言及し、トップ下で起用された井手口も「守備の時はいいですけど、攻撃の時にどうしていいのか分からない」のが現状だという。

 長友は「普段ならシンプルにパスを出すところで持ち過ぎたリ。一つひとつの思考回路が遅れているような感覚があった」と、スピード感に欠けていたと見ている。その一因として指摘されているのは「各自がボールをもらうという勇気が足りなかった」(長谷部)。一方、最後尾から全体を見渡していたGK川島永嗣は、別の部分に原因を求めた。

「球際だとか、普通だと余裕がある場面でないことが多かった。自分たちが失ってはいけないところで、簡単なミスから失うことが多かった」

反省をベルギー戦でどう進歩につなげるか

 結局、攻撃時の迷いが「あまり良くない形でボールを失った時にやられていた」(長谷部)、「相手のチャンスは、自分たちが攻撃して、奪われてからのカウンターが多かった」(槙野)という守備の負担増につながっている。連動した攻守の流れにおいて、選手たちも困惑を隠せなかった攻撃面での形のなさは大きな課題だ。

 “ハリル・スタイル”はワールドカップ仕様へと脱皮途中ながら、堅守からのカウンターがベースとなる。もっとも現状では、格上相手に先制点を献上し、日本が攻撃により力を割く展開となった場合、ブラジル戦と似た状況に陥る可能性は高い。

 FIFAランク2位のブラジルに続き、14日に同ランク5位のベルギーと対戦する。いずれも同44位の日本にとって格上の位置づけだが、ブラジル戦の反省を踏まえて進歩が見られるだろうか。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images