友近

写真拡大

 おまえもか!? 人気芸人の友近(44)が出場予定だった日本テレビ系「女芸人No.1決定戦 THE W」(12月11日放送)を欠場することになった。

 同番組はベテラン女芸人の山田邦子(57)が番組サイドとの行き違いを理由に出場を辞退。有名、無名を問わず出場者から一律2000円の参加料を取ることや、ギリギリまで出場者が決まらないドタバタぶりに嫌気が差したともいわれる。

 友近も7日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、出場者の少なさを嘆き「コンセプトもはっきり決まってない。本当の『Wの悲劇』にならんように」とコメント。薬師丸ひろ子主演の映画にかけ批判しつつ出場には前向きだったが、別の理由で去ることに――。

 関係者によると、友近は9日に行われた2回戦に出場するため会場を訪れたが、本番直前に大アクシデントが発生したという。「コントに使う小道具が用意されていなかったのです。これは日テレ側ではなく、吉本興業側が準備する手はずになっていた。どうも彼女のマネジャーがすっかり忘れてしまったようです。大チョンボですよ」。コントの衣装にも着替え、舞台袖で出番を待っていたが、小道具なくしては何もできず、無念の欠場となったという。

 当の友近は10日放送のTBSラジオ「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」のなかで「悔しくて寝れなかった。意味がわからない。ミュージシャンがギターないのと一緒ですから」と押し殺すように話すのがやっと。

 番組もシャレにならない。山田に加え、大ブレーク中の平野ノラ(39)やブルゾンちえみ(27)も不出場で、友近は数少ない“目玉”の一人だったから。制作現場はすでにお通夜状態とも…。無事オンエアされるのか――。