長谷部が自身の“統率力欠如”を猛省 ブラジルに2失点後「意思統一できず責任感じる」

写真拡大

前から行くのか、ブロックを作るのか 3失点目につながった悔やまれる時間帯

 日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)は、1-3で敗れた10日の国際親善試合ブラジル戦について、自身の統率力の部分で反省の弁を述べた。

 日本は立ち上がりは積極的なプレスに出た。長谷部もまた「立ち上がりが悪かったとは思わないし、最初の5分、10分と前から行ってボールを奪える場面もあった」と話したように、勢いのある入りは見せた。しかし、セットプレーの守備でPKと2点目を奪われる形になり、前半16分までに2点のビハインドを背負う形になった。

 長谷部が悔やんだのは、この後の時間帯だ。ブラジル相手の2点差は決して楽な状態ではないが、その状態を維持してどこかで1点を返せれば、ゲームの行方を分からなくすることができた。しかし、結果的には同36分に3点目を奪われることで「もう少し本気のブラジルにチャレンジしたかった」という状況を招いてしまった。

 長谷部は、そこで統率力を発揮できなかった自身を厳しく批判している。

「(2失点した)その後に点を取りたくて前から行くのか、ブロックを作るのかが意思統一できなかったことに責任を感じている。あまり良くないボールの失い方をした時のカウンターでやられたので、ブロックを作っても良かったのかもしれない。3点目はカウンターだし、それはブラジルの真骨頂なので。試合の中で修正できれば良かった。早い時間で失点すれば心理的に前から早いタイミングで守備に行きたがるようになる。カウンターが危なかったので、我慢してもう少し低いところからやっても良かった」

ピッチ内でのコミュニケーション不足を露呈

 このゲームでは、代表通算100試合出場となったDF長友佑都(インテル)がキャプテンマークを巻いたが、それはこのゲーム限りの特別な措置であることが明かされている。腕に巻くマークこそなかったが、不動のキャプテンである長谷部は、ゲームが流れているなかで全体をまとめきれなかったことを悔やんだ。

 バヒド・ハリルホジッチ監督はメンバー発表会見などでも、ピッチ内のコミュニケーション能力という点で常に不満を漏らしている。そうした意味では、その課題がハッキリと出てしまったのが、この2失点した以降の時間帯にあったと言えるのかもしれない。

 ハリル監督が「欠かすことのできない、我々のキャプテン」と語る長谷部には、こうした苦しい状況に陥ったゲームでの影響力を、どれだけ発揮できるかということが求められている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images