日本代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 12月1日にロシアのモスクワで行われる2018年ロシアW杯グループリーグの組み合わせ抽選会で、日本代表が第4ポットに入ることが決定した。この結果、日本はグループリーグで格上の3チームと対戦することになる。

 W杯の組み合わせ抽選会は10月時点のFIFAランキングによって格付けされる。出場する32ヶ国をそれぞれポット1からポット4まで割り振り、その次にポットから1ヶ国ずつ、グループAからグループHまでの8つに振り分ける方式だ。ポット1に関してはFIFAランキング上位7ヶ国に開催国ロシアを含めた合計8チームが入ることが決まっている。

 FIFAランキング44位の日本が第3ポットに入る可能性はあったが、現地時間10日に行われたW杯アフリカ予選でFIFAランキング32位のセネガル代表が南アフリカ相手に2-0の勝利をおさめW杯出場を決めたため、日本が第4ポットに入ることが確定した。

text by 編集部