3打差3位タイに浮上した宮里優作(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇11日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
静岡県にある太平洋クラブ 御殿場コースにて行われている「三井住友VISA太平洋マスターズ」3日目。全選手がこの日の競技を終えて、スンス・ハン(米国)がトータル14アンダーと頭1つ抜けたした。

1打差2位には2011年にこの大会を優勝した松山英樹以来となる10代優勝のかかる韓国の19歳イム・ソンジェ。首位と3打差のトータル11アンダー・3位に賞金ランク3位の宮里優作、賞金ランク4位の小平智が続いている。
賞金ランク2位の池田勇太はトータル5アンダー・18位タイ。なお、同1位のチャン・キム(米国)は腰痛のため第2ラウンド開始前に棄権している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ドン底の石川遼を支えるファンからの声援、「何倍にもして恩返しを」
石川遼に何が起こっているのか、プロコーチ井上透はこう見る
石川遼に何が起こっているのか、田中秀道はこう見る
平均飛距離300y超え、出水田大二郎が初のシード獲得に向け前進!
プロアマ戦に多くの芸能人ゴルファーが参加!【プロアマ戦フォトギャラリー】