名古屋がJ1自動昇格に黄信号 後半まさかの3失点で敗戦、長崎勝利ならプレーオフ

写真拡大

千葉のハイプレスの前に持ち前のパスワークを封じられる

 J2は11日に第41節が行われ、3位名古屋グランパスと9位ジェフユナイテッド千葉が対戦。

 手に汗握る熱戦は敵地に乗り込んだ千葉が、FWラリベイ、MF為田大貴のゴールで3-0と勝利し、J1昇格プレーオフ圏内の6位以内入りに向けて前進した。敗れた名古屋は、2位V・ファーレン長崎が19時キックオフのカマタマーレ讃岐戦で勝利した場合、J1自動昇格の望みが絶たれ、プレーオフに回ることになる。

 J1自動昇格、プレーオフ進出、それぞれの目標を懸けて、「必勝」で臨んだ試合だった。

 前半13分、敵地に乗り込んだ千葉はGK佐藤優也が前線のMF町田也真人へロングフィード。町田はDFを背負いつつループシュートを放つも、枠を捉えきれずにチャンスを逃してしまう。同23分にはクリアボールに反応したFW船山貴之がペナルティーエリア手前からミドルを見舞ったが、GKにセーブされた。

 千葉のハイプレスに苦戦し、思うように得意のパスワークを見せられない名古屋は、前半31分にMF青木亮太のスルーパスにFWガブリエル・シャビエルが抜け出してGKとの 1対1を迎えたが、DFに寄せられてシュートに持ち込めず。劣勢のまま、前半を折り返す。

後半20分間で3失点と守備が崩壊して勝負あり

 試合が動いたのは後半9分。千葉の船山が右サイドで抜け出して中央に折り返すと、ゴール前に走り込んだラリベイが流し込んでついに先制する。同18分にはボール奪取した町田が為田へラストパスを供給し、左足で冷静にフィニッシュして追加点。さらにその2分後には為田のドリブル突破からラリベイがGKとの1対1を迎え、この日2点目を挙げてゲームを決定づけた。

 名古屋も必死に食い下がったが、勢いに乗った千葉を打ち崩すことはできず。試合はそのまま3-0で終了した。

 千葉戦前に勝ち点72でスタートした名古屋はホーム最終戦で勝ち点を上積みできず。同74で2位の長崎が19時からの讃岐戦で勝利した場合、J1自動昇格の2位の可能性が潰え、プレーオフに回ることになる。逆に、快勝で勝ち点を65に伸ばして暫定8位に浮上した千葉は、プレーオフ進出に望みをつないだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images