ちょっと不気味で可愛い影踏みアクション「魔女と偽りの影」がSteamで公開

写真拡大 (全21枚)

同人ゲームサークル DiceyCraftはSteam にてWindows用ゲーム「Schatte 〜The Witch and the Fake Shadow〜」」(日本語名:魔女と偽りの影)を公開しました。

本作品は、同サークルの代表である梶野大輔氏がたった一人で作製。同氏によると「ガッツリした 3D アクションでオリジナル作品の一人制作となるとかなり珍しい部類だと思います。(一人で作るのは)大変な面も多いですが、好きなだけこだわって作れるのは一人制作の強みだと思っています。」とのことです。今後は、2017年末から2018年にかけてPS4とSwitchへの展開を目標に活動を続けるといいます。

以下、リリースより引用

■概要
 本作品は「影の魔女シャッテ」と「使い魔ランタ」を操作して影鬼と戦うステージ踏破型3D影踏みアクションゲームです。 このゲームの最大の特徴は影を使った多彩なアクションです。影を縫い止めて動きを止たり、影の中を移動したり、果ては影に潜り込んで敵を操ったり、他にも様々なアクションを駆使してステージを攻略していきます。ステージごとに用意されている影を使った独創的なギミックはユーザーに今までにない体験を提供できると確信しています。

 本作品は コミックマーケット92 で頒布した「魔女と偽りの影」の Steam 版であり、現在はDLSite.com様、メロンブックスDL様でのダウンロード販売及びメロンブックス様、とらのあな様での委託販売などもしております。

■ゲームの特徴
・光と影を使った多彩なアクションと独創的なギミック
・ちょっと不気味で可愛らしいファンタジーを演出するグラフィックとサウンド
・日本語・英語の切替機能
・完全一人製作
■ 料金:\1,520, $14,99(USD)
■ ジャンル:アクション
■ レーティング:全年齢対象
■ 対応 OS : Windows 10

■今後の展開
2017年末から2018年にかけて家庭用ゲーム機への展開を予定して準備を進めています。

■関連リンク
魔女と偽りの影