キャプテンマークを巻いた長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-3 ブラジル 国際親善試合】

 日本代表は現地時間10日、ブラジルとの国際親善試合に臨み、1-3で敗れた。DF長友佑都はこの試合でキャプテンを務めたが、あくまで代表のキャプテンはMF長谷部誠だと語っている。

 ブラジル戦で代表100キャップとなった長友は、2試合連続でキャプテンマークを巻いた。

 これについて長友は、「僕はキャプテンじゃないですけど、監督が100試合ということで『今日は佑都に任せる』とミーティングで言われた」とのこと。「代表のキャプテンは長谷部さんで、僕自身はキャプテンなんて思っていない」という。

 もちろん、リーダーシップを放棄しているわけではない。「自分のやること、チームのために貢献するということだけを考えています。キャプテンマークを巻こうが、それは一緒です」と長友は語り、試合に臨む姿勢は常に変わらないようだ。

 DF槙野智章はハーフタイムに長友が「変えていこうぜ」と声をかけたことで後半につながったと話していた。

 これについて長友自身は「いやいや(笑)。そんなのみんな言ってましたし」と語り、特別なことはしていないと強調している。

 それでも、「若い選手が思いきりできるように、自信を持つような言葉だったりはかけていたつもり」と長友。本人にその意識はなくとも、チームを引っ張る選手の一人であることは間違いない。

text by 編集部