井手口陽介はブラジルの選手相手にも果敢に食らいついていった【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

諦めず食らいついた「トップ下」井手口。ブラジル相手に奮闘

 日本代表は10日、ブラジル代表との国際親善試合に1-3で敗れた。世界最強クラスの相手に力の差を見せつけられた格好だが、チームとして目指すべきところ、必要な要素が明確になった試合とも言える。中でもロシアW杯に向けて鍵になりそうなのは、攻守に総合力の高いMFの台頭かもしれない。(取材・文:元川悦子【リール】)

--

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が2年半がかりで植えつけてきたデュエル重視の戦い方が世界トップ相手にどこまで通じるのか。それが11月10日にリールのスタッド・ピエール・モーロアで行われたブラジル戦の最大のテーマだった。

 直前のトレーニングでは今回初招集の長澤和輝(浦和)をスタメン組に抜擢しそうな雰囲気を見せた指揮官だったが、フタを開けてみると、中盤は長谷部誠(フランクフルト)、山口蛍(C大阪)、井手口陽介(G大阪)の3人。2018年ロシアW杯行きを決めた8月31日のオーストラリア戦(埼玉)と同じ顔ぶれだ。ハリルホジッチ監督は現時点で最も信頼度の最も高いトリオを送り出した。

 しかしながら、並びは微妙に違っていた。オーストラリア戦の時はアンカー・長谷部の前に山口、井手口がインサイドハーフとして陣取る格好だったが、今回は長谷部・山口のダブルボランチの前に井手口が位置する形。「今日の自分の役割は(ブラジルのアンカー・)カゼミーロ(レアル・マドリード)のファーストDF」と井手口本人も話したように、いわゆるトップ下ではなく守備第一で相手選手とのマッチアップを意図したものだった。

 VAR(ビデオ判定)による吉田麻也(サウサンプトン)のPK献上、直後のネイマール(PK)の先制ごーるにゲームプランを崩された日本だったが、中盤の3人は持ち前の球際の強さを生かして果敢にプレスをかけにいった。ブラジルの選手たちの技術力が高いため、マークを剥がされたり、ボールを奪ってもすぐに奪い返されたりと思うような展開には至らなかったものの、井手口は諦めずにピッチを駆け回って相手に食らいついていく。

 前半17分のマルセロ(レアル・マドリー)の豪快なミドルシュートによる2点目のシーンでは、自身のクリアが小さくなり失点のきっかけを作るミスを犯し「自分の甘さが出た」と反省したが、その後も出足の鋭さと豊富な運動量で必死に応戦する。

「チームとして(前から取りに)いかない時の方が多かったので、自分たちからハメにいけるようになればもっとボールが取れると思うし、もっと攻撃できたんじゃないか」と悔やむが、井手口は終始強気の姿勢を貫いていた。

「攻撃の時にどうしたらいいかわからなかった」

 こうした一挙手一投足は香川真司(ドルトムント)や清武弘嗣(C大阪)ら「従来の10番タイプ(攻撃型)のトップ下」とはもちろん担う役割が違う。

 0-3で迎えた後半、ブラジルがペースを落としてきたこともあり、井手口の球際の強さはより際立つようになった。もともと向こうっ気の強い21歳の若武者はネイマール相手にもひるむことなく、イエローカードを怖がらずに削りにいく。そして、後半17分には左コーナーキックから槙野智章(浦和)のヘディングシュートをお膳立て。

「あのへんに蹴ればいいかなと思った」と本人は苦笑いしたが、セットプレーでもチャンスを作れる能力の一端をのぞかせた。最終的には遠藤航(浦和)と交代。今回はフル出場には至らなかったが、中盤のダイナモとして攻守のスイッチを入れられる井手口が現日本代表の重要なピースであることを改めて認識させたのは確かだ。

「形だけ見るとトップ下? そうですけど、攻撃の時にどうしたらいいか分かんないってのはいっぱいあった。たぶん(自分を含めて)みんながビビらずにボールを受けられれば(攻撃も)全然できたんじゃないかと今は思ってます。いろんなポジションができれば悪いことはないので、どのポジションもこなしていけるようにしていきたい」と井手口は課題と収穫の両方を口にしたが、ハイレベルな試合をこなしていけば、戸惑いを覚えた攻撃面も改善できる可能性は少なくない。

 実際、オーストラリア戦であれだけ豪快なミドルシュートを決めた選手だ。本人は「ブラジル相手にゴール? ないと思います」と苦笑いしていたが、経験を重ねて自信さえ手にすれば、前への迫力や推進力をより出せるようになるはず。

ロシアで鍵を握る高度な守備能力を備えたMFの台頭

 長谷部が「今日はタメを作れる選手がそんなにいないと思ったので、行ったり来たりのゲームにならないように少し考えた」と話した通り、このブラジル戦では井手口がボールを収める余裕はなかった。それも世界基準のインテンシティーに慣れていけば改善されていくだろう。日頃、Jリーグでプレーしている選手だけに容易ではないが、彼自身があえて高い目標に取り組むことでしか、明るい未来は開けてこない。

 ロシアW杯の組み合わせ抽選会で第4ポッドに入ることが濃厚な日本は、グループリーグでブラジルのような強豪と必ず対峙しなければならない。格上がズラリと揃う厳しいグループに入ってしまう可能性も十分にある。となれば、ハリルホジッチ監督は今回のように走って守れる選手を軸にチームを構成するだろう。

 前からプレスにいくか、自陣に引いてブロックを作るかといったチーム全体のバランスの取り方は判断が分かれるところだが、いずれにしてもボール奪取力の高い選手を中盤に配置しなければ組織戦術は成り立たない。それがこのブラジル戦の惨敗で今一度、明確になったと見ることもできる。

 本番までの7ヶ月間で、泥臭くハードワークできる井手口の成長は日本にとって重要なテーマになるだろう。今回、相手の運動量が落ちてきた終盤の時間帯に、創造性の高い森岡亮太(ワースラント・ベフェレン)が入って攻撃チャンスを作ったように、従来型の10番タイプの選手も状況に応じて必要になってくるが、やはり中盤の選手選考でベースとなるのは高度な守備能力だ。

 そういう意味で、井手口には成長速度を一気に上げてもらうしかない。もちろん森岡や長澤、倉田秋(G大阪)、今回は日本代表メンバーから漏れた香川真司らが強豪相手にデュエルで勝てる選手になることも重要だが、若い井手口の成長に期待したいところだ。トップ下に陣取りながら、相手の配球役であるアンカーやボランチと果敢にマッチアップでき、攻撃にも絡める総合力の高いMFの台頭が、ロシアW杯で日本の鍵を握る存在になるかもしれない。

(取材・文:元川悦子【リール】)

text by 元川悦子