本田圭佑が日本サッカー界に警鐘…ブラジル戦は「問題視しないといけない」

写真拡大

 パチューカに所属するFW本田圭佑が10日に自身のTwitter(@kskgroup2017)を更新し、同日に行われた日本代表対ブラジル代表戦について意見を述べた。

 日本は前半だけで3ゴールを奪われると、後半に1点を返したものの、1−3で敗れた。本田は「自分が出てたとしても結果は変わっていない」と前置きした上で、日本のサッカー界全体がこの試合を「問題視しないといけない」と主張した。

「差が縮まるどころか広がってると感じた前半30分。後半は完全にリラックスモード。この現状を問題視しないといけない」

「日本のサッカーが世界トップになるために何をどう改革するべきか、サッカー協会を中心に議論する必要がある」

https://twitter.com/kskgroup2017/status/929145776235626496