サウスゲイト、負傷後もプレーを続けたフィル・ジョーンズのブラジル戦帯同を示唆

写真拡大

▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督が、同代表DFフィル・ジョーンズの状態について自身の見解を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽イングランドは10日、国際親善試合でドイツ代表と対戦した。この試合に先発出場を果たしたフィル・ジョーンズだったが、開始10分で左の太ももを負傷。そのまま交代かと思われたがプレーを続行し、25分にJ・ゴメスとの交代でベンチへと下がった。

▽試合後、サウスゲイト監督は負傷交代となったフィル・ジョーンズについて言及。今後の状態をチェックして14日に行われるブラジル代表戦まで帯同させるかどうかを決めるようだ。

「フィルはうまくプレーしていた。我々としても彼のプレーを見ていたかったよ。現時点ではそれほど悪くない状態に思える。仮に最悪の状態でないのならば、このまま一緒にいることも考えている」

▽今シーズンのフィル・ジョーンズは、プレミアリーグで2位につけるマンチェスター・ユナイテッドでリーグ戦11試合すべてに先発で出場している。一方でチャンピオンズリーグでの出場はない。