ハリルホジッチ監督が敗戦後にピッチ内で緊急ミーティング “公開ダメ出し”の真意は?

写真拡大

メンタル面の重要性を強調「ノーファウルでよりアグレッシブに行くということ」

 日本代表は10日の国際親善試合でブラジルに1-3と敗れた。

 試合後、バヒド・ハリルホジッチ監督はピッチ内に残り、挨拶のためにスタンドを一周していた選手たちをタッチライン際に集めると“公開ダメ出し”を行ったが、その理由を試合後の会見で明かしている。

 試合は前半7分、左CKの際にDF吉田麻也がMFフェルナンジーニョを倒したとビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の映像検証で判定され、このPKをFWネイマールに決められて先制点を献上。同16分に再びPKのピンチを迎え、これはGK川島永嗣が止めたが、直後にCKの流れからDFマルセロに右足弾丸ミドルを決められた。さらに同36分、カウンターから右サイドを崩され、FWガブリエル・ジェズスに3点目を奪われ、前半だけで3失点。後半18分、MF井手口陽介の左CKからDF槙野智章が頭で合わせて1点返したものの、1-3で敗れた。

 ハリルホジッチ監督は試合後の会見で「ネイマール、ウィリアン、ジェズスなどと対戦し、1-1のデュエルで勝てる選手はそう多くない。でも後半はそういう部分も良くなっていた。だからこそメンタルの部分が重要になる」と強調。試合後にピッチ上で行った緊急ミーティングの際、「選手たちとそのような話をした。そういったメンタル的な部分で、さらに良くなるのではないかと。つまりノーファウルで、よりアグレッシブに行くということ」と、ダメ出しの内容も明かした。

敗戦は「私のせいではない」とジョークも

 もっとも、ブラジル戦でキャプテンを務め、日本のサイドバック史上初の代表通算100試合出場を達成したDF長友佑都を祝う目的もあったという。「佑都は今日、キャプテンを務め、試合後に100戦目を称えました」と語ったとおり、公開ミーティングの直後、長友を中心にハリルホジッチ監督も加わって記念撮影を行っている。

「佑都がキャプテンだったから負けた。私のせいではない、ということも言いました」とジョークを口にしたハリルホジッチ監督。住居を構える地元リールへの凱旋を勝利で飾ることはできなかったが、敗戦直後に檄を飛ばして引き締めを図ったようだ。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】「日本vsブラジル」のハイライト、槙野が意地の一撃も王国の前に完敗(動画期限:17年12月10日)