発達障害の子どもの態度を変えるには 親との信頼関係の構築が大切

ざっくり言うと

  • 小学4年生の子どもに、発達障害があると診断を受けたという親
  • 心理士から、命に関わること以外は、優しく注意するよう言われたという
  • 子どもは穏やかに過ごせるようになり、イライラした態度もなくなったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング