犬が寝ぼけている時に見せる仕草

愛犬が近くで寝ている際、寝ていると思ったらなんだか寝ぼけているような声を出したり、仕草をしたりすることはありませんか?でも実際、それが本当に「寝ぼけている」のかどうか、判断しにくいですよね。ここでは犬が寝ぼけている時にどのような仕草を見せるのかをご紹介します。

1.急に鳴き声を出す

さっきまで大人しく寝ていたと思ったら、急に鳴き声を出し始めたということはありませんか?犬は寝ぼけている時に、軽く吠えるような声を出したり、唸り声を上げたり、中には寂しそうに「クゥーン」という声を出すことがあります。

起きている時は出す声によってその時どのような心境なのかを見極める飼い主さんも多いでしょう。もしかすると、夢を見ており、その夢の中で起こっている状況に対して鳴き声を発しているのかもしれません。

吠えるような声を出している時は、もしかすると家族を守ろうと敵へ果敢に立ち向かっているのかもしれませんね!

2.尻尾を振る

犬は寝ている時、横になりながら、あるいは伏せている状態で尻尾を振ることがあります。先ほど鳴き声を出すという例を取り上げましたが、こちらも同じように脳内で考えている事に対して尻尾が反応しているのでしょう。

犬の尻尾というのはその犬にとって感情を表すパロメーター的な役割を担っています。左右に大きく振り切るようにして尻尾を振っている時は嬉しい、楽しいとポジティブな感情である事を意味しています。

寝ている時に大きく左右に尻尾が振られている時には、「夢の中で嬉しい出来事に遭遇したのかな?」「おやつを貰っているのかな?」などと飼い主側も想像してしまいますよね!

3.手足が動いている

愛犬が隣で寝ており、寝ぼけた時の仕草で1番驚いてしまうのが急に手足が動くことです。手足の動きは様々ですが、もがくように手足をバタバタさせてみたり、中には大草原を駆け抜けるように勢いよく横になった状態で走り出す子もいます。

筆者の愛犬も以前、今まで大人しく寝ていたのに急に走り出し、それに愛犬自身も驚いたようで、飛び起きてキョロキョロ辺りを見回していたことがありました。

ピクッ、ピクッと小さく反応していることもあり、こちらは脳から何かしらの信号が送られている可能性が考えられます。

夢を見ているの?

ここまで様々な寝ぼけている時の仕草をご紹介して参りましたが、どれも飼い主の私たちから見ると「夢を見ていて、それが仕草に現れているのかな?」と思ってしまいますよね。

しかし、人間は夢を見ることがありますが、犬が夢を見るかどうかは未だ科学的に解明されていないいないのです。なぜならば、人間は言葉を話すことができるため、夢を見たら「こんな夢を見た」と他人に話すことができますが、犬は人間の言葉を話せないため、夢を見たかどうかを明確に知る方法がないからです。

今後様々な研究が行われ、何時の日か犬が夢を見るということが解明される日が来るかもわかりませんが、今の段階ではそこに至っておりません。

しかし、犬も人間と同じようにレム睡眠とノンレム睡眠があり、成犬の場合は野生の時の名残があるため、敵に襲われないようレム睡眠の時間が多いとされています。

これはとても有名な話ですが、レム睡眠時に夢を見ることが多いため、この事実を踏まえた上で考えると、犬も夢を見ている可能性は否定できないのです。

病気の可能性も考えて

今回は仕草として紹介して参りましたが、あまりにも行動が激しかったり、体の動きが痙攣のような状態である場合には、脳に関する病気の可能性も考えられます。

病院へ行きMRIや脳波の検査を受けることで病気であるかどうかを知ることができますが、検査機器が備わっている病院は少ないため、いつも行っている病院から紹介状を貰い、紹介された病院へ連れて行くと検査してもらえます。

また、もしも「病気かも?」と疑うような症状が寝ている間に現れた時には、動画を撮影しておくと後に病院へ連れて行った際、獣医さんに見てもらい、判断してもらうことで、より正しい判断をしてもらえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように犬は寝ぼけている時に可愛らしい仕草を見せてくれることがあります。寝ているからとまったく気にしないのではなく、たまに観察してみると可愛らしい仕草を見せてくれるかもしれませんよ!