『11月11日はなんの日?』元ウェザー・リポートのスーパーベーシスト、ヴィクター・ベイリーの命日

写真拡大

 11月11日はウェザー・リポートへの参加で知られるベーシスト、ヴィクター・ベイリーの命日。

 ヴィクター・ベイリーは1960年3月27日、アメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。ジャコ・パストリアスの後任として1983年にウェザー・リポートに加入し、わずか5年足らずの在籍期間ながら圧倒的なテクニックとグルーヴ感溢れるプレイで一躍人気ベーシストとなった。

 80年代後半にはソロ活動をスタートさせ、マイケル・ブレッカー、ビル・エヴァンスらの作品への参加を経て、1989年に初のリーダー作『ボトムズ・アップ』を発表。以降もセッション・ベーシストとしてマドンナやレディー・ガガなどの作品に参加するなどマルチな活躍を続けていたが、長年にわたり患っていた難病シャルコー・マリー・トゥース病が悪化。ちょうど1年前の2016年11月11日、長年にわたる闘病生活を終え56歳の若さで帰らぬ人となった。