長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-3 ブラジル 国際親善試合】

 日本代表は現地時間10日、ブラジルとの国際親善試合に臨み、1-3で敗れた。DF長友佑都は後半の内容がチームの自信になると主張したが、ブラジルが本気でないことも感じている。

 「負けましたけど、試合は、特に後半は楽しかったです」と語る長友。3失点した前半の内容については「相手をリスペクトする気持ちもあったり、相手のスピード感に慣れなくてズルズルと下げてしまった」と振り返った。

 それでも「後半はもう一回、恐れるものもないし、失うものもないので、前からいこうというところで修正すれば、ブラジルもつなぐのが難しかった。あのブラジルが(ロングボールを)蹴ってきたりしていたので、センターバックも苦労しているのが見えたんで、良い守備ができていたんじゃないかなと思います」と手応えを感じている。

 長友は「後半のサッカーはブラジル相手でも自分たちはやれるという自信をみんなが持てたと思う。特に若い選手は」とポジティブに考えている。「後半のサッカーを90分を通してどれだけやれるか、それが一つの課題になってくると思います」と、精神的により強くなることを求めた。

 世界トップレベル相手にできることもあると分かり、「自信を持てたと思う」と語る長友だが、日本代表の現在地について問われると、「んー、んー、難しいな、それ」と悩んで「だってブラジル、本気じゃないでしょ」と返答。大きな差があることは理解しながらも、それがどれほどかは測れずにいるようだ。

text by 編集部