日本戦でゴールのネイマールが涙を流し会見を途中退席…その理由は?

写真拡大

▽10日、日本代表と国際親善試合で対戦したブラジル代表。試合後の記者会見にチッチ監督とともに出席したFWネイマールだったが、会見中に泣き出し、退席していた。スペイン『マルカ』など多くのメディアが報じた。

▽ネイマールは、日本戦に先発出場。VAR(ビデオアシスタントレフェリー)の判定により得たPKを決め、ブラジルに先制点をもたらしていた。71分にドグラス・コスタと交代している。

▽試合後、記者会見に出席したネイマール。パリ・サンジェルマンでの振る舞いについて、フランスメディアからはバッシングを受けていることについて、チッチ監督が擁護。すると、涙を流し、そのまま退席した。

「我々は1年半一緒に働いている。私はネイマールに問題があると聞いてうんざりだ。なぜなら、彼には人格があり、ドレッシングルームでは影響を与えている」

「我々は完璧ではない。人間である。時々、我々は間違った方法で反応してしまう」

「自分のキャリアでもそうしてしまった。それは間違っているだろうか?」

「考慮すべき状況はいくつかあり、一般化しないように注意しなければいけない」

「私は、ネイマールの性格や本性、そして偉大な心について話すべきだ」

「彼の一部では、質問されると激怒して爆発させた。ただ、彼らは真実ではない多くの物語を作り上げている」

「私はトレーナーとして何の問題もなく、カバーニとも何の問題もない」