ブラジル相手に完敗。想定内の結果だが、全力を出し切ったとは言い難く、現在地を知る貴重な機会を自ら逸した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[親善試合]日本1-3ブラジル/11月10日/リール(フランス)
 
 改めて振り返れば、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、執拗に言い続けていた。
 
「勇気を持って挑みたい」
「頭で理解し、心で理解しないといけない。つまり勇気です」
「我々はしっかり勇気を持って、強い気持ちで戦いたい」
 
 いい加減、聞き飽きたフレーズだった。実力も経験も及ばない相手に対しては、むしろ“それ”しかないだろう、とさえ思った。
 
 ところが、誰もが認めるワールドクラスのブラジルをリスペクトし過ぎたのか、指揮官があれほど強調していた「勇気」を、日本は示すことができなかった。
 
「相手はスロースターターで、全然ボールをつけられたし、前を向けるシーンもたくさんあった。ちょっと勇気を持てなかったのかなというのはあります」(吉田麻也)
 
 吉田が言う勇気について具体的な説明を求めると、こう答えた。
 
「前になかなかボールが行かなかった。後ろで回すことはできたけど、前に行かないのは、取られる可能性があるからと思ったのか、チャレンジのボールをなかなか出せなかった」
 
 井手口陽介も、同じような感覚を抱いていたようだ。
 
「みんなでビビらないで行ければ、もっとできたんじゃないかと思います」
 
 相手が力を抜いた感のある後半は、ある程度、積極性を打ち出せるシーンはあった。そうした状況を「勘違いしてはいけない」と吉田は釘をさしつつ、「もっとできていいんじゃないか、もっと自信を持って、いつも通りのパフォーマンスを出せれば、良いサッカーができたはず」と唇を噛む。
 
「前半が残念だった。もっともっとできたのかなと思っています」
 
 ハリルホジッチ監督も悔しがる。当たり前だ。チームが力を出し切らなかったからだ。前日に大迫勇也は「チャレンジし続けて、そこから答えが出てくるのかなっていうふうには思う。まずはトライし続けること、向かっていくことが大事」と語っていたが、中途半端な戦いぶりになってしまった。

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗

 ブラジルとの対戦で日本の現在地が見えたのか――自分たちが全力でぶつかっていなければ、そこで見えたものなどあてにはできない。つまるところ、自滅。挑戦者の立場でありながら、勇気を持ってチャレンジしない不甲斐なさが浮き彫りになっただけだ。
 
「監督からもハーフタイムに言われたが、ボールをもらうことを怖がってしまっていた」(長谷部誠)
 
 なんのための強化試合だったのか。明らかに実力差がある相手に対し、メンタルでも及び腰になれば、どうやってワールドカップで勝つつもりなのか。
 
 この教訓を次に生かさなければ、ブラジル戦がまったくの無駄になる。格上相手に喫した単なる完敗で終わらせてはならない。
 
「過信することなく、自信を持って、次のベルギー戦に挑みたい」
 
 吉田のその言葉、決意、覚悟を信じたい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)