画像提供:マイナビニュース

写真拡大

watchOS 4.1がリリースされ、Apple WatchでApple Musicの曲を聴くことが可能になりました。Apple Music利用者には嬉しい新機能ですね。今回はこの使い方をご紹介します。

○つまりどういうこと?

これまで、Apple WatchではiPhoneに保存されているプレイリストを転送し、それを再生できるという仕組みになっていました。iPhoneから離れた環境では、限られた楽曲しか聴くことができなかったわけです。それが今回のwatchOSのアップデートにより、iPhoneのライブラリはもちろん、iPhoneに保存されていない曲もApple Musicからストリーミングで再生することが可能になったのです。つまり、膨大な楽曲からいつでも好きなものを聴くことができるようになった、ということです。

特に、セルラー版のApple Watchならモバイル通信中でもこれが可能。Apple Watchだけ身につけてジョギングに出ても、Apple Musicから曲を聴き放題というわけです。

※Apple Musicは、Appleが提供する定額制の音楽聴き放題サービスです。この機能を利用するには、Apple Musicの契約が必要です。詳しくはこちらから。

○iPhoneにない曲を再生してみよう

iPhone上に保存されていない曲も、Apple Watchから直接検索・再生が可能ができます。Siriに頼めば検索も簡単。Apple Watchにイヤホンが接続されている場合はイヤホンから、そうでない場合はiPhoneから音葉流れます。

アーティスト名、曲名のほか、テーマや気分で選んでかけてもらうことも可能です。

○iPhone上のライブラリも再生が可能

もちろん、iPhoneに保存されているライブラリの曲も再生が可能です。「ミュージック」のアイコンから、「プレイリスト」「アーティスト」「アルバム」などのリストを開き、選択して再生します。

○ワークアウトを始めた時に特定のプレイリストを再生させる

ランニングやウォーキングなど、ワークアウト中にいつも同じプレイリストを聴いているという方にオススメ。ワークアウトを始めると自動的に指定したプレイリストが再生されるよう設定できます。

これで、Apple Watchでワークアウトをスタートすると自動的にこのプレイリストが再生されます。