日系車は故障が少ないうえに燃費が良く、中古車としても高く売却できるゆえに、中国で非常に人気が高い。誰もが故障の少ない車に乗りたいと思うものだが、日系車はそうした消費者のニーズを満たすことができていると言えよう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日系車は故障が少ないうえに燃費が良く、中古車としても高く売却できるゆえに、中国で非常に人気が高い。誰もが故障の少ない車に乗りたいと思うものだが、日系車はそうした消費者のニーズを満たすことができていると言えよう。

 中国メディアの今日頭条は4日、「日系車はなぜ故障が少なく、安心して乗ることができるのか」と疑問を投げかけつつ、中国自動車メーカーには真似ができない日系車の品質の高さについて考察している。

 記事はまず、中国で日系車は「故障が少なく、品質と信頼性が高い」というイメージを確立していると指摘。最近発覚した一部メーカーによる無資格者の完成検査問題や、神戸製鋼によるデータ改ざん事件は日系車のイメージに少なからず影響を与えているとしながらも、日系車が中国で確立したブランドイメージはそう簡単には崩れないとした。

 続けて、日系車の信頼性が高い理由は、デンソーやアイシン精機などのように「優れた部品メーカー」が日本に存在するからであり、日本の自動車メーカーは部品メーカーと資本関係も含めて強く結びついており、外部の干渉を受けずに自動車部品を開発することができると指摘。こうした構造があるからこそ、日本車メーカーは部品のコストを低減させると同時に、質の高い部品を調達することができ、結果として自動車全体の質も安定するのだと指摘、これは中国メーカーには容易に真似ができないことであるとした。

 世界最大の自動車市場である中国で日系車の人気は高く、非常に多くの日系車が街を走っている。そうした人気の背後には、質の高い部品を供給する様々な部品メーカーが存在すると言えるだろう。だが、中国市場での競争が激しくなっている今、日系車の良いイメージを崩さないような製品作りが求められている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)