酒井宏樹は対面のネイマールと何度も熱い“デュエル”を繰り広げた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

力の差は歴然。それでも酒井宏樹は食らいつく

 日本代表は10日、フランス・リールでブラジル代表と対戦し、1-3で敗れた。ピッチ上に現れていたのは歴然とした力の差。あらゆる面でブラジルに上回られた。それでも1人、相手のエースと互角の勝負を演じたのは酒井宏樹だった。今季2度目のネイマールとの対戦を経て、マルセイユでの成長を証明している。(取材・文:河治良幸【リール】)

---

 10日に行われたブラジル戦、日本は前半だけで3失点。後半に1点を返して1-3としたが、点差以上にチーム力、個の力の差を痛感させられる試合だった。しかし手応えがなかったわけではない。その1つが右サイドで対面するネイマールとの熱い“デュエル”(語源としてはフランス語などで「決闘」の意味で、サッカーにおいては1対1や対人戦の強さを指す)を繰り広げた酒井宏樹だ。

 北部リールとほぼ反対側のマルセイユに所属するとはいえ、やはりフランスリーグの選手。試合前の日本代表のスターティングメンバー発表では最も大きな歓声を受けた。そして、その期待に応えるプレーをして見せた。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も「ネイマールと対峙した(酒井)宏樹もいくつかのデュエルで勝っていた」と言及したほど。持ち前の身体能力や技術に加えてメンタル面で後手に回らなかったことが大きいだろう。

 開始3分にマルセロのフィードから胸トラップでインサイドに入り込まれ、何とか付いていって山口蛍と挟み込んだシーンを見た時は、かなり分の悪い戦いを想像した。しかし、そこから常にタイトな距離でマークについてボールを出させず、持たれても縦のコースを切ったところから、スピードで振り切られることなく対応した。

 22分に再びロングボールからインサイドに潜り込まれる危ないシーンはあったが、左サイドで一度ボールを持ち、仕掛けながら周囲と絡んでゴール前に進入するというネイマールの型を出させなかったのは酒井宏樹の奮闘によるところが大きい。

 ただ、酒井宏樹がネイマールに意識を集中する分、そのインサイドをガブリエル・ジェズスにうまく使われ、3つ目の失点も一度はネイマールへのパスをカットしたところから、セカンドボールをつながれ、逆サイドから送られたクロスに酒井宏樹の裏で合わせられた。

 やはりサイドを根城とするネイマールに意識を引きつけられれば、それだけ周囲のケアは難しくなる。そこは1つの難しさだが、本来はもっとボールを触り、起点になりながらゴールに絡むネイマールの動きをこれだけ制限すること自体かなり難しいタスクだ。その観点でこの試合の酒井宏樹は守備面で良い働きをしていたと言える。

課題は周囲との連係。ベルギー戦でも強力アタッカーと対峙

 後半は日本がより高い位置からプレッシャーをかけ、逆にブラジルは攻勢をかけてこなくなる中、49分にはネイマールが単独で仕掛けたところを酒井宏樹と吉田麻也が囲んでボールを奪い、さらに並走状態から転倒したネイマールが酒井宏樹を手で押したとして警告を受けた。66分にはネイマールがドリブルで切り込んだところを酒井宏樹が倒し逆にイエローカードを提示されたが、71分にネイマールがドウグラス・コスタとの交代で退くまで、互角以上の“デュエル”を演じた。

 終盤にはドウグラス・コスタを牽制しながら、タイミングよく攻撃に絡み、吉田からの縦パスを途中出場の森岡亮太に落とし、スルーパスに走り込んで浅野拓磨の惜しいシーンを演出。酒井宏樹としては悔しい敗戦の中でも、頼りになる存在であることを証明する試合となった。

「まあ、前半からかなりやりづらいようにはしていたので、1対1になる時の彼の癖というのはもちろん少ないですけど、少なからずそこはずっと見ている」

 柏レイソル時代にクラブW杯で、2012年の親善試合でネイマールと対戦した経験のある酒井宏樹はマルセイユの選手として、10月にパリ・サンジェルマン戦で再びネイマールと対峙し、2枚のイエローカードで相手が退場するまで自由を奪い続けた。今回はあらためて“デュエル”から決定的な仕事をさせなかったわけだが、連係面の反省を口にする。

「マルセロとか、(ガブリエル・)ジェズスとかが絡んでくるともう止められなかったですね。だから、あそこをもっともっと密にコミュニケーション取るしかない」

 指揮官が常に強調するように“デュエル”は試合がハイレベルになるほど重要性を増してくるが、純粋な“デュエル”の繰り返しだけでサッカーが成り立つわけではない。局面での1対1や対人戦の強さをベースにしながら、いかに連係面も含む状況の変化に対応していくか、そこの向上が求められる。

 ベルギー戦にも出場すれば屈強なナセル・シャドリや技巧派のエデン・アザールとの“デュエル”が多くなりそうだが、酒井宏樹の局面の強さに加えて連係面も注目していきたいところだ。

(取材・文:河治良幸【リール】)

text by 河治良幸