山口蛍【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-3 ブラジル 国際親善試合】

 日本代表は現地時間10日、ブラジルとの国際親善試合に臨み、1-3で敗れた。MF山口蛍は、「前半にもっと良い戦いができていたら…」と悔やんでいる。

 スコアは1-3だが、力の差はそれ以上だった。前半に3点のリードを得たブラジルが後半になってペースを緩めたことは間違いない。

 山口は「後半は相手も少しペースダウンしてきたので、その中で自分たちの守備もうまくはまって、チャンスも作れたと思う」と振り返ったが、「前半はちょっと攻守ともうまくできなかった」。「そこをしっかり見つめ直して、前半からうまくやれたら、もうちょっと良い戦いができたのかなって思います」と語っている。

 そんな中でも、個を組織で封じたことは収穫かもしれない。「1対1はネイマールだったり、ウィリアンだったり、どうしても止められない選手がいる。そこはチームとしてうまく見ていかなければいけないと思う」と山口。「ただ、やられたのはほとんどカウンターなので、自分たちがうまくブロックをつくって、引かずに高いところでやれているときはあまり崩されていなかった。そこは自信を持っていいかなと思います」と話した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部