損害保険ジャパン日本興亜 社長 西澤敬二

写真拡大

■「公平よりも無私が難しい」

2002年7月、入社して23年目の安田火災海上保険が、日産火災と合併して損害保険ジャパンが誕生した。安田の人事課長になって丸2年、44歳のときだ。5カ月後には大成火災も合併、社員は計1万7000人近くに達し、その再配置が急務となる。身の振り先は、人事課長が2人制だった安田の先輩課長と、日産、大成の人事課長との4人で決めた。

合併時の人事は、難しい。異動や昇格に共通のルールがあれば、機械的に決めていけるが、普通は基準も仕組みも違う。最も苦労したのは、企業文化の違いだ。安田では、本社の課長代理が地方勤務ではあっても支社長に昇進するのは大栄転。だが、他社の人事課長は、本社の人間の支社長案に「彼はエリートだ、地方へ出さないでくれ。昇進しなくていいから、本社に置いてくれ」と主張した。

合併後の給与は、規模が大きい安田に揃えたので、昇進すると他社の人は収入が一気に増える。次の昇進のチャンスも近づくから、本人や家族は喜ぶ、と思う。一方で異動案を白紙にすれば、支社長の席をどう埋めるか、異動後にくるはずだった人はどこへ持っていくかなど、しわ寄せは大きい。

どう考えても、支社長にするほうが、理に適う。でも、その人事課長は「異動させないでくれ」と繰り返す。説得が深夜に及び、帰宅できなくなる日が続く。いまも本社がある新宿のホテルに泊まった日は、計80日になった。

2014年に損保ジャパンと合併した日本興亜損害保険も、01年4月に日本火災と興亜火災が合併して発足し、翌年には太陽火災も合流しているから、同じような経験をしたのだろう。いま6社の出身者が1つの屋根の下にいるが、合併人事に「正しいことを、当たり前にやる」の信条で臨んできたから、盤石だと思う。

人事課長になるとき、着任の挨拶にいった先輩が口にした「公平よりも無私が難しい」という言葉が、耳に残っている。先輩はそれ以上説かず、「やってみりゃ、わかるよ」とだけ言った。そこでは「どちらかというと、逆ではないか。己をなくすほうが簡単で、公平にやるほうが難しいのでは」と思った。でも、やってみると、違う。力のある役員から「彼の人事を頼むよ」と言ってくると、企業内にはそんな力学もあるから、気持ちが動く。でも、それを自身で感じ、「人間はやっぱり小さいな」と思い直す。合併人事でも、政治的な要請は「無私」で封じた。

「君子喩於義、小人喩於利」(君子は義に喩り、小人は利に喩る)――物事の処理に当たり、品格のある人が第一に考えるのは自分の言動が道理に適っているかどうかで、器量に欠けた人間が考えることはまず損得だ、との意味だ。中国の古典『論語』にある言葉で、指導者としての心得を説き、常に「これは理に適っているか」を基準として貫き、「正しいことを、当たり前にやる」という西澤流と重なる。

1958年2月、東京・北千住に生まれる。染色の町工場を経営していた父と母、兄の4人家族。近くの荒川の土手で、野球をしたりロケット花火を打ち上げたり、のびのびと遊んで育つ。慶応高校時代に体育会の硬式テニス部に入り、慶大経済学部でも続けた。

80年4月、安田火災海上保険に入社。テニス部の先輩に話を聞いた3社のなかで、最初に内定が出たので決めた。会社訪問の際に積極的な社風を感じて、「入ってみたいな」と思っていた。

システムなど専門性を持った人を除き、同期の約120人が事務部門の内務部に配属された。火災保険や自動車保険などに分かれ、1年2カ月、書類の処理をしながら損保の基本を学ぶ。火災現場での実習に手を挙げて出たのが縁か、次に名古屋保険金サービス部の火災新種保険の担当へいく。

■現場で確信した「お客第一」の心

日本経済が右肩上がりの時代、損保業界ではやればやるほど伸びた営業部門が花形。やはり「営業へいってみたい」との気持ちはあったが、振り返れば、保険金の支払い部門での経験が「お客第一」の心構えの原点となる。

愛知、三重、岐阜の三県で、企業の火災や機械の事故など火災新種の全保険を扱った。医師や弁護士の賠償保険など特殊な保険もあり、約款の解釈が難しく、保険金の査定のために本気で勉強した。1年もたつと、営業拠点や代理店の人がやってきて、約款の解釈を尋ねられるようにもなり、学ぶ楽しさと同様に教える喜びも知る。

同時に「お客第一」の実感も、膨らんでいく。営業の仕事は代理店を通じてが大半で、お客との接点は少ない。だが、保険金の査定では、自宅が全焼してしまったとか家族が事故で亡くなったとか、お客が本当に厳しい局面で、直に話す機会が多い。そこで最善の対応を考え、すごく感謝されて、「お客第一」が自然に身についた。

その後、本社の保証保険室、都内の上野支社、本社の営業企画部門、埼玉の自動車営業部、本社の保険金サービス企画部の課長と、第一線と本社で交互に勤務し、冒頭で触れた人事課長に就く。数年おきに現場に出たことも、「お客第一」の確信につながった。

06年4月、本社の自動車業務部長になる。富山支店長の後、48歳のときだ。前年に、同業他社で自動車保険の特約で保険金を支払っていなかったことが発覚。同じことが業界で広く行われていたことがわかり、「不払い問題」と批判を浴びた。損保ジャパンでもみつかり、他社とともに当局から業務改善命令を受けていた。さらに、自動車業務部長に就いた2カ月後、業務の一部が2週間の業務停止命令まで受けた。

そこで、決断する。6人いた課長を集め、「業務停止処分が明けたら、保険や説明書の抜本的な簡素化に取り組む」「必ず、やり切る」と宣言した。当時の自動車保険には、「ゴルフをやる人の多くは、車を運転するだろう」との発想からゴルファー保険を特約に付けるなど、後から後から特約ができて、営業担当や代理店でもわかりにくいほど、複雑化していた。

それが、不払いの一因にもなっていた。だが、部内にはその特約をつくった面々もいて、改廃には抵抗感も出た。それを納得させたのが、「喩於義」だ。

課長を順番に伴い、全国の営業拠点を回る。商品開発担当の課長やマニュアルの担当者も連れていく。次は課長と部下でいかせた。5カ月で、80カ所の200人から2000近い改善の要望が出る。その4分の3を実現し、200はあった特約が100以下になった。

翌年秋、全社員と全国の代理店向けに配布を始めた新マニュアルの冒頭に、自ら書いたメッセージを添えた。「お客さまからの貴重なご意見や販売第一線の代理店の皆さまのご要望などを分析し、自動車保険を抜本的に見直します」に始まり、「あるべき姿の自動車保険」への原点回帰を約束する。2016年4月、社長に就任、「現場改革特区」を始めた。お客に選ばれるためのサービスの新設や、「お客第一」を阻害する要因の排除など、提案を集め、愛媛など5カ所でやらせてみた。お客の視点で考え抜く風土を、もっともっと醸成するためで、「喩於義」に終わりはない。

----------

損害保険ジャパン日本興亜 社長 西澤敬二(にしざわ・けいじ)
1958年、東京都生まれ。80年慶應義塾大学経済学部卒業後、安田火災海上保険に入社。人事課長、損害保険ジャパン自動車業務部長などを経て、2008年執行役員営業企画部長、10年常務執行役員、13年専務執行役員、14年損害保険ジャパン日本興亜専務執行役員。16年4月より現職。

----------

(損保ジャパン日本興亜社長 西澤 敬二 書き手=街風隆雄 撮影=門間新弥)