浅野拓磨【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-3 ブラジル 国際親善試合】

 日本代表は現地時間10日、ブラジルとの国際親善試合に臨み、1-3で敗れた。FW浅野拓磨は、決定機をいかせなかったことを悔やみながらも、強敵相手にできることもあると感じている。

 途中出場でピッチに立った浅野。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から裏を狙うよう指示を受けており、アグレッシブにシュートを狙うことは前もって考えていたという。

「前半を見ていてシュートがないと感じていたので、たとえ入らなくても無茶でもいいから1回シュートで終わろうかなというのはあったので、積極的に行きましたね」

 浅野はブラジル代表を肌身で感じ、「やっぱり色んなレベルの差は見せつけられました」という印象を持っている。それでも、「その中でもしっかり自分たちが頭を使って自信を持ってプレーしたら何ができるのかもはっきりした」と語り、「差があるならあるなりに考えて、自信をもってできたらやれることはたくさんあるなというのは今日感じました」と、力の差は戦い方次第で十分に埋まるという手応えを感じている。

 ハリルホジッチ監督は試合後の円陣で、「特に後半はああやってガンガン前に行けて、ボールを持ってシュートまでいけたというのはあったので、そこはすごく良かった」という話をしたという。浅野は「それが監督の口から出たのは選手としては本当に良かったと思います」とコメント。「でもそこで満足するのはぜんぜん違いますし、負けてるので、そこは勘違いせずにこれから直していく課題と自信を持ってやる部分の両方もってやっていきたい」。

 終盤のチャンスは決めたかった。「今でもすごく悔しい」と振り返る浅野は、「精度を上げていく」ことを誓っている。「次の試合でもああいう場面があったらどんどんあそこに入って行って、もう入るまでやるしかないので、悔しいですけど続けていくしかないと思います」と次の機会に向けて闘志を燃やした。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部