祭nine.が中野サンプラザ公演で見せた、“芸達者なボイメンのDNA”と各メンバーの魅力

写真拡大

「ライブにノリきれない人がいたら、俺らが岐阜までかついで帰るよ? ……ちょっとそこ! 田舎とか言うな(笑)」(寺坂頼我)

 そんなゆるいMCで中野サンプラザの空気を和ませていた祭nine.は、BOYS AND MEN(以下ボイメン)の弟分で、今年3月に生まれたばかりのユニットだ。8月にシングル『嗚呼、夢神輿』でメジャーデビューし、通算300公演&のべ10万人動員という前人未到クラスのリリースイベントを行ない、同曲でオリコンウィークリー2位(ちなみにこの週の1位は星野源)という快挙を成し遂げているが、ホールでのワンマンはこの日が初めて。しかも本拠地の東海エリアではなく東京でのライブということで、会場に集まった祭りっ子(祭nine.ファン)たちにとっても、どんなステージで魅せるのか未知数な部分が大きい7人なのだ。

 この日は公演タイトル『祭nine.秋祭り2017 〜どデカイ太鼓打ち鳴らせ!in 中野サンプラザホール〜』で予言(?)されていたとおり、力強い和太鼓の演奏で幕を開けた。リーダー・寺坂頼我の先導で、力強く太鼓を打ち鳴らす7人。トレードマークの笑顔を封印した雄々しい表情がスクリーンに大写しになり、会場のざわつきが一瞬にして大きくなった。この日のために新調された衣装は、寺坂頼我、野々田奏、清水天規のフロント3人はワンショルダー風のデザイン。彼らの得意とするアクロバットで鍛えた筋肉質な肩のラインも目を引く。

 祭nine.で和太鼓といえば……とピンと来ていた人も多かったと思うが、この和太鼓演奏から、イントロ部分で和太鼓が使われているデビュー曲「嗚呼、夢神輿」へとそのままフェードイン。曲が始まるとすぐにカラフルなペンライトをくるくる回す祭りっ子たちを見て、メンバーたちも喜びを隠し切れない様子だ。オープニングから一気に祭モードへと場の空気をアゲていく。

 イントロで大きな歓声が上がったのは、BOYS AND MEN 研究生のナンバー「ドドンコ Don’t worry」。アッパーな曲に合わせたパフォーマンスはもちろん、観客によるペンライトの激しい動きも含めてエンターテインメントといえる曲だ。衣装チェンジタイムにはリリースイベントなどでおなじみのメンバー紹介映像が流れたが、アクロバットを交えながら彼らの本拠地・名古屋の街並みを7人が駆け抜けるパルクール(街の手すりや階段などの構造を活用したエクストリームスポーツ)風のパフォーマンスはかなり見ごたえがあり、毎回見入ってしまう。

 カジュアルな衣装で登場した7人が続けて繰り出したのは「太陽ZAN-MAI」。デビュー時のインタビュー(http://realsound.jp/2017/08/post-100943.html)で本人たちが「(この曲のポイントは)歌詞がセクシーなんですよね。僕らは10代でまだピュアな年代だから(笑)、今までああいう曲は歌ってこなかったんですよ」(野々田奏)と語っていたが、「残酷な天使のテーゼ」などを手掛けた及川眠子による歌詞は確かに刺激的。EDMテイストのやや攻撃的なサウンドをバックに、<脱ぎ捨てろ モラルのDress><上も下も亜熱帯>といったきわどいワードを彼らが歌うのもインパクトが強い。この曲には長めのダンスパートがあるが、ダンスリーダー・清水天規のキレのあるソロから、同じ振りを全員のユニゾンで展開していく流れにはゾクゾクさせられた。

 「中野サンプラザ、やってきたぜーーー!!!」(寺坂頼我)という第一声で始まったMCでは、転輪太鼓というプロチームの猛特訓を受けたというオープニング部分の裏話や、新しい衣装のデザインがやや露出度高めな件などでワイワイ盛り上がる。7人中5人がまだ現役高校生の彼ら、こういったときに見せる男子校ノリはまさに等身大でなんだか微笑ましい。

 清水天規による曲のド頭部分<ワッちょっちょ!ワッちょっちょ!〜>のコール&レスポンス講座から始まった「オマエもかっ!?」からは、親しみやすいニュアンスの楽曲が続く。この曲では全員が1列に並ぶフォーメーションがあるのだが、ここで7人を先導するのは神田陸人。アイドルとしては飛び道具的なこのグループの中にあって、ダンスや歌も“THE正統派”な彼のパフォーマンスには非常に安定感がある。

 大のフェス好きという浦上拓也の発案で、メンバーと観客が一体となってタオルを回して盛り上がるナンバー「ボクたちのONE」では銀テープが炸裂。ヒップホップ色の強い「えーーーーーてっ☆」では、盛り上げ隊長・野々田奏が全身をめいっぱい使って祭りっ子たちを煽る、力強いパフォーマンスも印象的だった。

 兄貴分ボイメンのナンバー「なごやめしのうた」では、さまざまな“名古屋めし”の名前を歌詞に盛り込んだファニーな世界観に合わせてメンバーがチアダンスを披露。こういった曲では、女子ドルにも多大な影響を受けているという“うらぽん”こと浦上拓也のキュートなパフォーマンスが映える。

 そして「いろんな祭nine.を見てください!」というMCから、シャッフル調の「SING-ALONG」で清水天規、浦上拓也、横山統威、高崎寿希也がジャケットなどのシックなコーディネートで登場すると、客席からは歓声が上がる。研究生曲では横山統威の歌パートも多いが、最年少らしからぬしっとり感も魅力的だ。同じく高1の寿希也はこのところ急激に背が伸びているそうで、手足の長さも含めてダンスもかなりステージ映えするようになった。

 続けて、ボイメン研究生の派生ユニット・Babyz(寺坂頼我・野々田奏・北川せつらで結成)のナンバーを連投披露。おそらく80年代アイドルのオマージュと思われるデニムベスト×ハーフパンツのレトロなコーディネートで衣装で観客の度肝を抜いたのが、寺坂頼我・野々田奏・神田陸人の3人で披露した「Bye Bye 最後のヒロイン」。ボイメンの楽曲にも見られるが、こういった“昭和リスペクト”な作品では特に、寺坂頼我のヒーロー的で動きの派手なパフォーマンスが際立つ印象だ。

 と、ここでスクリーンには廃墟のような風景が映し出される。<生きることは戦い/男ならその手でつかめ/生きた証/栄光の旗>というテロップに続けて、アクロバットとアクションを組み合わせた映画『ファイト・クラブ』風のコーナーがスタート。夏に行われたライブハウスでのイベント『祭nine.夏フェス2017「嗚呼、初祭り」〜デンツクマスター認定試験東京会場はこちら!〜』でも披露されていたが、メンバー同士がしっかり息を合わせてのスリリングなパフォーマンスは壮観だった。

 この流れからロックテイストのナンバー「ALIVE!」(BOYS AND MEN研究生)へとステージは展開していく。これまで披露された楽曲の中でもっとも情熱的なこの曲では、清水天規が指先にまで色気が漂うダンスを、寺坂頼我もフラッグを持ったままでアクロバットを繰り出すなど、大人な祭nine.が観られるのが特徴的といえる。

 そしてこのライブの中でもひときわ黄色い歓声が聞かれたのが、「My First…」(BOYS AND MEN研究生)で7人が白いスーツ姿で登場した瞬間だった。寺坂頼我が王子様風のロングジャケット、清水天規が黒のレザータイを締めるなど、一人一人のキャラに合わせたコーディネートだったのもなかなかニクい演出だったように思う。そして客席から「まさか???」とざわめきが起こったのは、続く「Candor」。ボイメンがライブのエンディングなどで披露してきたこのバラードを、学ランもダンスもアクロバットも封印して歌った7人は、やや感極まったような表情だった。歌に関して言えば全員のスキルがめちゃくちゃに高いというわけではない祭nine.だが、この曲のユニゾン部分で聴かせるピュアな響きにはぐっと胸を掴まれた。

 本編ラストはやはりボイメンの名曲「Chance for Change」。デビューからこれまでの時間を、リリースイベントでファンと触れ合って過ごしてきた彼らだけに、この曲ではメンバーが客席に降り、祭りっ子たちとハイタッチしながら感謝の気持ちを伝えていく。本編最後のMCでは、「僕らが祭りっ子のみなさんを“てっぺん”につれていきます! 必ず“てっぺん”の景色を見せますので、これからの僕らを楽しみにしていてください」(寺坂頼我)と語り、客席に向かって深々と頭を下げた7人に大きな拍手が続いていた。

 アンコールでは1人で登場した寺坂頼我の前に“寺坂頼我LOVE LOVE親衛隊”なる6人組が現れて「今日のあなたのパフォーマンスでは、アンコールのステージには立たせられないわ!」と大ブーイング……? というコントがスタート。なぜかサザエさん風の主婦(野々田奏)に激しく怒られ、56歳のおっさん(清水天規)が披露するキレキレのブレイキンと同じ振りを再現させられたりと立て続けに災難に遭う寺坂頼我。ここでのおませな幼稚園児(横山統威)やヤンキー女子高生(浦上拓也)、カタコトの日本語をしゃべるムエタイボクサー(盧蠎希也)に扮したメンバーのなりきり演技に客席が大ウケ。「アンコール一発目がコント。これがフォーチュンエンターテイメントです!」(浦上拓也)とMCでメンバーも苦笑いしていたが、確かにバラードからのコントというこの振り幅には、芸達者なボイメンのDNAを感じさせるものがある。

 デビューシングルの人気曲「BE☆THE WIND」、そして感謝の思いを込めたBOYS AND MEN 研究生ナンバー「39S」でサインボールを投げたりと、和やかムードで終了したこのライブ。「お客さんを含めての祭nine.だと思っているので、みなさんと2人3脚で伝説を作れたら」と寺坂頼我が語っていたが、兄貴分のボイメンとは似て非なるきらめきを感じさせる祭nine.なら、この日のステージもいつか伝説にできるのかもしれない。(古知屋ジュン)