槙野が語るブラジル戦後半に起きた変化 チーム全体が「前からアクションを起こせた」

写真拡大

悔やまれる前半の3失点 「受け身に入ってしまった」

 日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)は、現地時間10日の国際親善試合ブラジル戦でチーム唯一の得点者となったが、1-3で敗れた。

 バヒド・ハリルホジッチ監督が「後半だけ見れば勝った」と言い放った試合について、ハーフタイムにチーム内で変化があったことを明かしている。

 日本は前半のうちにビデオ・アシスタントレフェリー制度(VAR)によって取られたPKを含む3失点で、ハーフタイムの時点で0-3とゲームの大勢自体は決まっていた。槙野は「前半の入りで失点をしないことは心掛けて入ったんですが」と、チームの狙いを表現できなかった前半だったことを認めたが、後半を前にチーム内では奮起する声があったという。

「後半の入りから大きく変えたのは、自分たちからアクションを起こすこと。前半は慎重に、受け身に入ってしまった。全体的な前と後ろのバランスや意思疎通は図るように声はかけていたけど、相手も質が高いし、45分間が終わってしまった。長友選手などから、ハーフタイムに大事な試合だからこそ楽しもうと。フレッシュな選手が入ったことで前からアクションを起こせた」

 ブラジルを相手に45分間で3点を奪い返すことは現実的ではないが、この機会を無駄にしないこともそうであり、何より本大会を想定すれば第1ポットに入るような強豪に前半でゲームを決められてしまう可能性はある。それでも、後半にバタバタと崩れて得失点差でさらなるマイナスを積み重ねるのか、この日に槙野がCKから1点を返したように、少しでも差を詰めて終えるのかは大きな違いだ。それが最後の最後で、グループリーグ突破がかかった局面で効いてくる可能性もある。

日本代表史上で5人目のブラジル戦得点者に

 日本代表史上で5人目となるブラジル戦の得点者となった槙野は、「チームとして3-0で終わるより、まだ死んでないというところを見せるために大事な一発だった。監督含め、スタッフからブラジルのセットプレーの映像を(もらって)かなり見ていたけど、あそこがルーズなのは分かっていた。上手く入れたと思う」と、その1点の意味を振り返った。

 もちろん、なす術なく3失点を喫した前半45分の戦いには大きな課題が残るものの、チームの立て直しに成功したハーフタイムと、その象徴となった槙野のゴールは、完敗のブラジル戦の中でも意味を持つものになるはずだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images