後半、日本は浅野がアグレッシブなプレーを見せたが、後半のブラジルは明らかにテンションを下げていた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[親善試合]日本 1-3 ブラジル/11月10日/リール(フランス)
 
 ブラジル戦は1-3の敗戦を喫することになったけど、スコア以上に差を見せつけられる試合になってしまった。
 
 失点はビデオ判定でのPKによるものと、CKからのこぼれ球をミドルで叩き込まれた2点目とカウンターから崩された3点目。PKは不運な面もあったけど、その後の2失点は防がなければいけなかった。やはり前半に3失点してしまったことで、後半のブラジルは明らかにペースを落としていた。
 
 日本が後半になってうまく守備がハマり出して、チャンスの場面が多くなったのも、ブラジルが無理をせず、受けに回ったからと見るべきだ。前半はキックオフ直後の日本が前線からものすごい勢いでプレッシャーをかけて押し込もうとしたけど、ブラジルはものの数分でその勢いをいなして逆襲に転じてしまった。あのクオリティの高さをブラジルのスタンダードと見るべきで、後半はいろんな組み合わせや新戦力を試す場になっていて、あまり見るべきものはなかったからね。
 
 日本の選手たちは、失点を重ねるにつれてどこか自信が失われていくように見えた。開始直後に、前から守備を嵌めに行こうとした勢いは良かったけど、逆に自陣から前に押し上げようという時にはブラジルのような余裕がなく、相手のプレッシャーにミスを連発してしまった。そうなると、いろんな局面で対応が後手に回って判断が遅れ出す。当然、日本の選手はミスを怖がって厳しいところでボールを受けようとしなくなるし、漫然とボールを回しているところを再び狙われて……、という悪循環に陥っていた。要するに「プレーすること」から逃げ回っていたとも言える。それじゃあ、話にならない。
 
 とりわけ不満が残る出来だったのは攻撃陣。両サイドの原口や久保がもっと仕掛けていく場面が見たかったし、ポストプレーに強いはずの大迫もブラジルの屈強なセンターバック相手にはいつもの安定感がなかった。トップ下で起用された井手口もちょっとミスが多すぎたよ。
 
 もちろん、攻撃陣だけの責任ではないけど、もう少しブラジルを脅かすようなシーンを作ってほしかった。後半に浅野が積極的にシュートを打ったり、ゴール前に飛び込んだりしたけど、やはりこれを“本気の”ブラジル相手にやってほしかった。
 
 それにしても、日本はつくづくこのブラジル戦をもったいない試合にしてしまった。来年6月の本大会までに、こうした相手とできるのはそう何度もない。貴重な機会だけに、もっとトライする気持ちを持って臨まなければいけない。
 
 こうした試合をしていると、今回選出されなかった本田や香川、岡崎の待望論も出てくることになってしまう。招集された選手にとっては屈辱だろうけど、次のベルギー戦ではそうした声を封じ込めるようなパフォーマンスを見せなければいけないね。
 
 ただ、本田、香川、岡崎といった選手たちがいたとしても、今回の結果は大きく変わらなかったと思うよ。結局、サッカーはチームスポーツ。チーム全体が怖がってボールを受けられないようでは、一人や二人が頑張ってもブラジルのような強敵を相手に状況の打開は図れない。強豪相手にもチームとして自信を持ってプレーできなければ、何度やってもどんなメンバーで挑んでも同じ。
 
 そういう意味では、次のベルギー戦で選手たちはどんな意識で戦うのか。そしてワールドカップに出るためにどんな覚悟を持ってピッチに立つのか。本当に出たいなら、もっともっと自分をアピールしたいはずなんだ。相手を怖がっている場合じゃない。勝敗はもとより選手の起用法、戦術なんかよりもそこが一番の見どころじゃないかな。