11月11〜12日にツインリンクもてぎで開催されるSUPER GT最終戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL」。SUPER GTを統括するGTアソシエーションは、グローバル化の一環としてDTMドイツツーリングカー選手権に参戦するDTMマシンのデモ走行を行います。

SUPER GTとDTMドイツツーリングカー選手権ではクラス1と呼ばれる車両規則の統一化を進めていて、現在はシャーシ部分での共通化が達成されています。エンジンについてはSUPER GTでは2リッター4気筒ターボ、DTMではNAの8気筒となっていますが近い将来双方とも2リッター4気筒ターボで統一される見通しとなっています。

交流戦なども視野に入れた車両規則統一であることから、今年はお互いのシリーズでデモランを披露することとなっており、SUPER GTのGT500クラスから日産GT-RとレクサスLC500が10月にホッケンハイムでDTMマシンとともにデモランを行いました。そして今回のSUPER GT最終戦ではDTMマシンが来日。SUPER GTのGT500クラスのマシンとともにデモランを披露します。

デモランは11月11日と12日の両日行われ、12日のデモラン終了後にはSUPER GTマシン3台、DTMマシン3台が並んでのセレモニーも行われます。それに先立ち10日には30分間のフリープラクティスが行われ、デモランを本気で走るための最終チェックに余念がありません。

このDTMデモランでは、2012年までSUPER GTで活躍し、WECではアウディのワークスドライバーとして活躍したロイック・デュバル選手がアウディのDTMマシンをドライブします。

SUPER GTのチャンピオン争いがかなり気になる最終戦もてぎですが、実に21年ぶりに日本で複数のDTMマシンが走る歴史的な瞬間も合わせてみることができます。

両日ともお昼ころの走行となります。この走行は要チェック。正確なスケジュールはSUPER GTのオフィシャルサイトからチェックしてください。

(文・写真:松永和浩)

【関連リンク】

SUPER GTオフィシャルサイト
https://supergt.net/

【SUPER GT2017】最終戦もてぎでDTMマシンが「本気モード」のデモ走行を披露(http://clicccar.com/2017/11/11/530834/)